印刷版   

青海・陜西、同日地震発生 被害状況不明

 【大紀元日本11月6日】5日午前5時56分、中国青海省海西モンゴルチベット自治州でマグニチュード5・1の地震が発生した。はっきりとした災害情況はまだ明らかにされていない。

 中国国家地震局サイトの情報によると、震源地は北緯37・6度、東経95・8度で、震源の深さは約6キロメートル。今のところ、具体的な死傷者および被害状況は出ていない。

 一方、同日午前7時31分、陜西省高陵県(北緯34・4度、東経109・1度)でマグニチュード4・4の地震が発生した。震源の深さは6キロメートルで、震源地は西安市から25キロ離れており、市民ははっきりと揺れを感じたという。

 陜西省地震局関係者は、プレートが異なることから、今回の地震は前回の汶川地震とは無関係であると発表した。情報によると、高陵地区では頻繁に地震が発生しており、1998年、隣りの涇陽県でもマグニチュード4・8の地震が発生している。

 中国大陸では、11月に入ってすでにマグニチュード5・0規模の地震が2回起きている。2日午前5時7分、雲南省大理白(ぺー)族自治州賓河県でマグニチュード5・0の地震が発生しており、多くの負傷者が出たと伝えられている。

(翻訳編集・余靜)


 (09/11/06 01:15)  





■関連文章
  • 若者の受動喫煙(副流煙)の弊害、喫煙者にダブルパンチ(09/10/27)
  • 秋季干ばつにより、17万人の飲用水不足=福建省(09/10/18)
  • 台湾東沿岸、M6・3地震(09/10/04)
  • 【フォトニュース】地震発生から2日後、救出される女子大生=スマトラ地震(09/10/03)
  • インドネシア、7・6(M)大地震発生 死者100人以上、数千人が瓦礫の下(09/10/01)
  • ブータンM6・3地震発生、死者7人(09/09/22)
  • チベット旗を掲げ、当局のチベット人僧侶逮捕に抗議=中国青海省(09/09/21)
  • 陜西・甘粛・四川境界、M5・1地震発生(09/09/20)
  • バリ島沖でM6・4地震、負傷者7人=インドネシア(09/09/20)
  • 障害新生児が急増 環境汚染の影響か=中国(09/09/17)
  • 被災者の脳機能の異常変化 MRIで確認(09/09/13)
  • 四川大地震の後、胎児死亡が続発 仮設住宅が原因か(09/09/13)
  • インドネシアM7・4大地震発生、死者46人以上(09/09/03)
  • 研究報告=米シアトルでM9レベルの地震発生の恐れ(09/08/25)
  • 四川大地震義援金、8割が政府の「ポケット」に=清華大学調査(09/08/16)