印刷版   

(David McNew/Getty Images)

四川大地震発生は大型ダム建設と関連するのか

 【大紀元日本11月17日】

 2008年5月に発生した四川省大地震の原因がダム建設によるものと主張する説が、最近の科学研究により支持された。

 10月末に出版された学術誌「Geophysical Research Letters」に掲載されたこの研究報告では、紫坪鋪ダムの貯水池に蓄えられた水により断層線に圧力が加わりM7・9の地震を引き起こしたものと考えられている。当時の地震では6万9千人以上の死者と1万8千人の行方不明者がでている。

 この報告書の作成者5人は、ダムは汶川地震の発生を数10年から数100年早めたと指摘。この研究は明らかに中国が建設に力を注いだダムに関係する論争に火に油を注ぐ形となった。もちろん、この中には有名な三峡ダムも含まれている。中国最大のこのダムは四川省大地震の影響を受けなかったが、すでに120万人の人々が、三峡ダムが原因で立ち退きを強いられている。

 ダムは民衆の財産を傷つけ、生態環境を悪化させたとの批判の声があるが、政府はダムは需要が差し迫るクリーンエネルギーの提供と深刻な汚染が取り沙汰される石炭への依頼低減への対処であるとしている。

 以前、一部の中国科学者が類似した研究を行っている。中国の学術刊行物「地震地質」2008年12月発表の論文の要旨には、この結果に対し地震を誘発する作用を果たすか否かさらなる研究を行うに値すると書かれている。

 最新の研究の作者はダム建設前のデータによりダムと地震活動増加にははっきりとした関連性があると警告しているが、貯水池周辺の関連部門が記録した微震データには2004年以前の背景データが含まれておらず、人々は現在これらのデータを得ることはできないと作者は付け加えている。政府は三峡ダムと地震の間の関連性を否認している。

 このダムプロジェクトにはさらに別の不安要因も存在する。中国に深い影響力のある商業雑誌『財経』今月の報道によると、地滑り増加はすでに三峡ダム管理者が標準水位175mまでの貯水プロジェクトを遅らせているほどの脅威となっているそうだ。

 続く干ばつも三峡ダム問題をさらに深刻化させている。流入水量が少ないと予想されると現地では下流への供給を確保するため排水量の増加を迫られる。

 また、水位下降がダム建設に支障をきたす2つの核心理由として水力発電と船舶の航行があげられる。水位下降は発電機の負荷運転を十分行えず、また、ダムを通過できる船の大きさも制限されることを意味している。

 17年の歳月と多くの資金を投じ進められた長江三峡プロジェクトは今年の末に建設完了となる。環境に大きな災いをもたらすかもしれないという懸念を抱く人々は、問題はこれから始まると考えているようだ。

(翻訳編集・坂本)


 (09/11/17 05:00)  





■関連文章
  • 三峡ダム区で斜面360万立方メートルの地滑りか=重慶市(09/04/10)
  • 三峡ダム地区失業率9%超、移転者の生活水準も低下(09/03/11)
  • 三峡ダムが四川大地震を引き起こした(09/02/10)
  • 中国湖北省:ダム下流で絶滅危惧種植物が発見される(08/03/01)
  • 三峡ダムがもたらす環境・自然災害、収拾のつかない事態になる可能性=中国環境問題専門家(07/12/04)
  • 三峡ダム地区:落石事故で31人死亡(07/11/29)
  • 三峡ダム建設による環境破壊、解決は不可能か(07/11/29)
  • 「金獅子賞」映画監督・賈氏、国内検閲で難渋(07/08/20)
  • 長江沿岸土砂崩れの頻発、三峡ダムが原因(07/05/25)
  • 中国:「生活現代化水準」、世界ランキングで100位(07/02/01)
  • 長江三峡ダム放水で有毒性赤潮形成の懸念、台湾海峡に影響=海洋地質専門家(06/12/09)
  • 中国湖北省で群発地震、三峡ダム巨大貯水量が地質に影響か(06/11/07)
  • 三峡ダム湛水工事開始、古城大昌まもなく水没(06/10/12)
  • 中国・湖北省直訴者32人、天安門広場で横断幕と号泣(06/09/28)
  • 中国:ダム建設で立ち退きされた住民、長期援助が必要=経済専門家(06/08/21)