印刷版   

衛星写真で見る巨大氷山(写真・豪南極事務局)

 巨大氷山が南極から豪大陸へ漂流

 【大紀元日本12月12日】

 香港島の約2倍の大きさの巨大氷山が、南極から豪大陸に向かって漂流していることが9日、米航空宇宙局(NASA)の衛星写真により確認された。

 AFP通信によると、確認された氷山は長さ19キロ、幅8キロ、広さ140平方キロで、面積80平方キロの香港島の約2倍になる。氷山は現在、豪大陸より南1千700キロの洋上を漂流している。この巨大氷山は2000年に南極のロス棚氷が分裂して生じた氷山の1つと見られ、最初は400平方キロの大きさがあったとされる。

 豪南極局の氷山専門家ヤング氏(Neal Young)は「これほど大きな氷山が、これほど遠くまで漂流するのは、恐らく大型帆船時代(19世紀)以来で、世紀に一度の出来事だ」と話している。

 先月、南極から100以上の氷山がニュージーランドに向かって移動していることが観測されたばかりである。ヤング氏は「温暖化が進めば、今後もこうした現象が続くだろう」と指摘している。

(翻訳編集・心明)


 (09/12/12 05:00)  





■関連文章
  • 「コペンハーゲン合意」の草案明らかに=COP15(09/12/10)
  • 環境問題:海中に沈みゆく国=ツバル(09/12/10)
  • 南極の氷 融ける規模と速さ、予測を上回る=米研究(09/11/30)
  • エベレストにハエ生息確認 温暖化で氷河融解が深刻(09/10/20)
  • 世界初 、海底で閣僚会議=モルジブ共和国(09/10/19)
  • 研究報告:環境ストレスを受けた植物は温暖化ガス放出増加(09/09/16)
  • 南極大陸に最適の天体観測地を発見(09/09/15)
  • 地球温暖化は太陽の活動周期によるもの、人為的ではない?=NASA発表(09/06/26)
  • 北米沿岸都市の海面、今世紀に20cm上昇の恐れ(09/06/07)
  • 世界ビジネスサミット、ポスト議定書作成呼びかけ(09/05/28)
  • 長期干ばつ、地球温暖化の元凶(09/03/30)
  • 地球温暖化ガス、中国製品輸入国にも責任=中国環境問題・高官発言(09/03/19)
  • 国連専門家、温暖化進行速度予期以上に速い(09/02/17)
  • 2009年、史上最高気温の更新可能=英研究報告(09/01/11)
  • 農民環境保護活動家が温家宝総理を告訴、北京市裁判所受理せず(08/11/14)