印刷版   

真に人を理解するのは難しい

作者:阿哲

 【大紀元日本12月4日】

 ある先生が、いつもより早めに教室へ行った。その時、彼は優秀だと思っていたある生徒が同級生のカバンを開け、その生徒自身の古いペンと同級生の新しいペンを交換したのを目撃した。その生徒の行動は彼を大きく失望させた。その為、学期中、その生徒に対する態度はますます悪くなった。

 彼はこのことがずっと心に引っかかり忘れることができなかった。学期末、彼は我慢が出来ずあの生徒に何故あのようなことをしたのか尋ねた。その生徒が言うには、同級生が彼からペンを借りたのに、使い終わった後、ペンを借りていないと言いだした。しかし、あのペンは妹の物で、妹に返さなければならない。そのため、自分の古いペンと妹の新しいペンを取り換えた。生徒は自分のペンは同級生にあげることはできる、しかし、新しいペンは妹に返さなければならないため、同級生にあげることはできないと言った。

 先生はこの話を聞き終えた後、この話を他の人にした時、自分は洞察力があると思っていた。しかし、長期に亘ってあの生徒を誤解していた。最後に彼は「真に人を理解するのは難しい」と述べた。

 我々はつい自分自信が見た物を信じてしまう、見えていない部分をなおざりにしてしまう。

 一人の人を本当に理解するのは非常に難しい事である。そのため、仮に自分自身の目で見たとしても、その人に対して簡単に結論を出してはならない。

(翻訳:鈴木真弓)


 (09/12/04 05:00)  





■関連文章
  • 【家庭料理】白菜とシーフードのペンネ(09/11/22)
  •  神秘に包まれたリング状の雲、モスクワ上空に出現(09/10/13)
  • 「教師の日」が「謝礼の日」に=中国の教育現場、「袖の下」が氾濫(09/09/13)
  • 中国当局閲兵式リハーサル、熱中症で兵士死亡(09/07/15)
  • 四川大地震:環境保護活動家、学生児童死者数調査で逮捕(09/04/05)
  • 中学生自殺が原因、官民衝突事件へ発展=中国江蘇省(08/10/27)
  • 獄中作家委員会・張裕氏、都内で講演(08/06/24)
  • 四川大地震、愛国報道の裏に潜む親の叫び(08/06/15)
  • 韓国ペンニョン島のゴマフアザラシ(08/05/03)
  • 中国の「両会」会期延長、警備は空前の規模になるか(08/03/03)
  • 【英国通信】最南端の町ペンザンスで冬至祭が復活(07/12/25)
  •  監禁中の中国人ジャーナリスト、自由の金ペン賞を受賞(07/11/22)
  • 運動会で水素気球爆発、負傷者70人=中国甘粛省(07/09/20)
  • 米国:中国長期軍事意図の透明化を求める(07/08/25)
  • 【ショートストーリー】すばらしい先生(07/07/14)