THE EPOCH TIMES

香港-広州高速鉄道の建設に反対、市民が抗議デモ=香港

2009年12月02日 08時02分
 【大紀元日本12月2日】中国広州市と香港を結ぶ「広深港高速鉄道」の建設に反対する千人以上の香港市民が先月29日、繁華街で抗議デモを行った。参加者らは立法会に、同鉄道の建設に対する財政支出を否決するよう訴えた。

 デモに参加したのは、建設の影響で立ち退きを命じられる沿線の住民と、20以上の民間・学生団体。繁華街でデモを行った後、夜になって政府本部前で座り込みをしたおよそ百人が一時、警察と衝突した。その後、警察は抗議者らを強制的に退去させた。

 「広深港高速鉄道」は、広州市から深セン市を経由して香港を結ぶ高速鉄道で、1時間半以上かかる広州・香港間の鉄道移動時間を、半分に短縮することを目的としている。香港内の路線の長さはわずか26キロだが、建設には670億香港ドル(約7500億円)の巨額の費用がかかる。「世界一建設費が高い」路線の建設に、市民は反発している。

 鉄道の建設に伴い、立ち退きを命じられた沿線の住民や、鉄道が通る農園の所有者たちも不安を隠せない。建設計画は、彼らの了承もなく決定された。農園生活に慣れた村民は、政府が村を苛めていると、怒りを顕わにしている。

 建設が予定されている地下トンネルの真上には、高層住宅が並ぶ。住民らは、トンネルがビルの安全性を脅かす可能性を指摘する。基盤が不安定になれば、住宅の市場価値も下がる。住民側は当局に対し、万が一の時の保障と賠償責任を求めている。

 今回の高速鉄道建設は、約3万5千世帯に影響を与えるとみられている。

(写真・潘璟橋/大紀元)

(写真・潘璟橋/大紀元)

(翻訳編集・楊J)


関連キーワード
^