印刷版   

食べすぎには気をつけましょう(JOHN THYS/AFP/Getty Images)

チョコレートと水は、痛み止めに効果あり!

 【大紀元日本12月20日】

 医学誌『神経科学』(Journal・of・Neurosciece)と『小児科』(Journal・of・Pediatrics)の研究発表によると、身体が痛いときには、水を一杯飲めば良いと述べられている。水を飲んだり、チョコレートを食べたりすることは痛み止めと同じ効果があり、薬を飲みたくない場合などにはお勧めである。

 アメリカのシカゴ大学で行なわれた『痛み』に対するネズミを使った実験によると、熱い床板の上にネズミを放し、焼けどをおって痛みを感じている時は、ネズミは素早く一本の足を上げ、もう一方の足と交互に足を変えて焼けどの痛みを和らげようとする。ネズミがなにも与えられていない時これらの動作を止めることはない。しかし、ネズミにチョコレートや水を与えた時には、ネズミの足を変える速度が少し遅くなる。そのときだけは痛みを感じていないように見える。

 研究員の結果分析から、チョコレートと水にはネズミが痛みを感じる神経を鈍化させる働きがあるという。チョコレートを食べたり、水を飲んだりすることはネズミにとっても楽しみであるため、痛みを分散させることができるが、チョコレートは食べだすと、やめられなくなり肥満の問題もあるので、痛みを止めたい時にはチョコレートを食べるよりも水を一杯飲む方が良いであろう。

 水を飲むだけではなく、『想像力を働かせる』ことで痛みを和らげる効果がある。米国誌『小児科』(Journal of Pediatrics)の最新の発表によると、北カロライナ大学とデューク大学(Duke University)が行なった合同研究で、子供が原因不明の腹痛に襲われた時に、想像力を働かせる訓練を行なった。雲の上に浮いているリラックスした情景を想像させると、73・3%の子供の腹痛が半分以上軽減された。一般的な治療法を受けた子供達は26・7%であった。

(翻訳編集・鈴木真弓)


 (09/12/20 05:00)  





■関連文章
  • 米国:基準を下回る飲料水、数千万人の健康に影響(09/12/19)
  • 北京市民が水を買い溜め 水道料金値上げで(09/12/18)
  • 1滴の水を蒸発させない方法って知っていますか?(09/12/17)
  • 中国東部:石炭・木材の燃焼で、発ガンリスク高まる=米科学誌(09/12/14)
  • マイクロソフト社の風水は理想的(09/12/08)
  • 寂しさという世界(09/11/25)
  • 温暖化で、海洋生物絶滅の危機=カナダ(09/11/24)
  • 大自然の造形美(09/11/18)
  • 【バンクーバー通信】祈りの神秘(09/11/10)
  • 少林寺武僧、水上走行18メートル(09/10/31)
  • 漁業資源に深刻な影響 酸化進むアラスカ沿岸海域=米国(09/10/28)
  • 古から現代 噴水の舞い(09/10/26)
  • 女性が身につける香り、最も好かれる花とフルーティー(09/10/26)
  • 安徽省農民、手作り「潜水艦」でニッコリ(09/10/22)
  • チョコレートのファッションショー、第15回「サロン・ド・ショコラ」開幕(09/10/17)