印刷版   

(clipart.com)

1滴の水を蒸発させない方法って知っていますか?

作者・黄桐

 【大紀元日本12月17日】

 ある師匠のもとで三人の弟子が修行していた。年を取った師匠は三人のうちから一人の後継者を決めようとした。ある日、師匠が弟子達を呼び寄せ、それぞれの手のひらに、一滴の水を載せた。「一年後、この一滴の水を蒸発させないでおくことのできる者は私の後継者となる人だ」と宣言した。

 一人の弟子は、その一滴の水を瓶に入れ、きつく蓋を閉めた。しかし、ほどなくして、水は蒸発してしまった。

 もう一人の弟子は、大金を費やし、名匠に完全密閉した箱を作ってもらった。しかし、一年後、この弟子が自信満々に師匠の前で箱を開けた時には、もう水滴の姿はどこにもなかった。

 三人目の弟子は、手ぶらで師匠の前に現れた。

 「あの一滴の水は?」

 「海に戻した。」

 「すばらしい。それこそ一滴の水を蒸発させない最良の方法だ。」

 もちろん、三人目の弟子が後継者となった。

 一滴の水を涸らせないためには、たくさんの水に溶け込ませるように、一人の人間も、人と力を合わせることで、自分の力を枯渇させず、最大限に発揮することができるのかもしれない。

(翻訳編集・心明)


 (09/12/17 05:00)  





■関連文章
  • 【謙虚な心】(09/10/23)
  • 【民間説話】一念の差が半生の修行を台無しにする(09/04/18)
  • チベット仏教の修行映画、シャロン・ストーンら絶賛(09/04/07)
  • 国連平和大使:「神韻」、神性を帯びた演出(08/12/29)
  • 孔子の諭し、「忠信の徳」(08/10/13)
  • 【ショートストーリー】タイキョクさん(07/12/03)
  • 太極拳の祖師 張三豊(07/01/01)
  • 仙人たちの修行の道・呂洞賓が受けた十回の試練(06/12/29)
  • 【国宝】三徳山投入堂(06/11/07)
  • 気を採って生きる人間(06/06/03)
  • 【生命のなぞ】修道者が残した不朽の肉体(06/03/16)