印刷版   

(ネット写真)

あなたはいらない荷物をどれくらい背負っていますか?

作者:黄桐

 【大紀元日本12月19日】

 山にある小さな町に住んでいる農夫が、他の村に用事があるため生まれて初めて家を離れた。歩いていると一本の渓流にあたり、それが彼の行き先を阻んでしまい農夫は非常に困った。とその時、彼はそばに倒れていた木を見つけた。農夫は感がはたらいて、持っていた小さな斧を取り出し、軽々と丸木舟を一艘作った。そして、丸木舟のおかげで渓流を渡りきることができた。

 難題を順調に解決できた農夫は岸に上がった後に、「万が一不運にもまた渓流があったら、どうすればいいんだ?」、「万が一近くに木がなく丸木舟を作れなかったら、どうすればいいんだ?」、「万が一不注意で斧をなくした時、どうすればいいんだ?」と次々と悩み始めた。

 沢山考え悩んだ挙句、農夫は丸木舟を背負って行くことを決意した。

 丸木舟は非常に重く、農夫は数歩歩いただけで、息を切らしてしまった。しかし、事故を未然に防ぐために、農夫は力を振り絞って一歩一歩と前へ進んだ。少し進むと、必ず休息をした。

 農夫の後の道のりはすべてが順調で再び渓流に会うことはなかった。しかし、丸木舟を背負ったせいで何倍もの時間がかかってやっと目的地に到着した。

 実は、私達はみなこの話しの中の農夫と同じで、丸木舟を背負っている。ある人たちの丸木舟は金銭であり、ある人たちは名誉である、ある人達は成功であり、ある人達は虚栄である、また、ある人は意地を張るために何艘もの「丸木舟」を背負っているのに、重さを嫌としていないのだ!

 人生は地図のない旅である、私達は未来の人生の道のりがでこぼこであるか、平坦であるか、また、滔々とした激流に会うかなど永遠に知ることができない。私達は未来を選択することはできないが、その代りに背負っている丸木舟を捨てるという選択肢がある。丸木舟を捨てれば、軽い足どりで前へ進むことができるのだ。

 『緊握双手什麼都没有』より

(翻訳編集・鈴木真弓)


 (09/12/19 05:00)  





■関連文章
  • 「香港は、中国民衆の希望」=<2010年 中国はどこへ>シンポジウム(09/12/09)
  • ソクラテスの人生教示(09/12/07)
  • 2010年世界旅行先ランキング=ロンリープラネット社(09/11/10)
  • 外国人観光客、チベット入り禁止(09/09/23)
  • 熱烈歓迎!花の博覧会へ=台湾観協来日、東京各地でPR(09/09/19)
  • 空港変電所火事、旅客数万人が足止め=中国四川(09/08/14)
  • 中国個人観光ビザの申請を受理開始=観光庁(09/07/02)
  • マスク装着の修学旅行=京都 (09/05/20)
  • 新型インフル蔓延、マスクを装着した旅客が増加=台湾(09/05/04)
  • 連載・ドキュメンタリー 「未来へ伝えたくて」(一)(09/04/27)
  • 中国人旅行者ビザ無しで台湾到着、38人全員強制送還(09/04/22)
  • 中国当局の旅行団体派遣、台湾への経済同化策略(09/03/24)
  • 世界遺産「九寨溝」立ち入り禁止、チベット情勢に関連か(09/03/15)
  • 住宅街に旅客機墜落、死者50人=米NY州(09/02/14)
  • 【バンクーバー通信】海外へ旅行する日本人への警告(08/11/27)