印刷版   

メンテナンス船から作業が行われている英国の海上風力発電(Christopher Furlong/Getty Images)

CO2削減:欧州委、15億ユーロをCCS技術と海上風力発電へ

 【大紀元日本12月14日】欧州委員会は10日、欧州経済の景気回復および温室効果ガスの排出量削減のために、「海上風力発電」と「CCS(CO2回収・貯留)技術」プロジェクトに割り当てる15億ユーロ(約1950億円)の分配先を発表した。

 対象となるプロジェクトは、英・独・伊・オランダ・ポーランド・スペインが行う6項目のCCSプロジェクトで、合計10億ユーロ(約1300億円)が割り当てられた。また、海上風力発電については、ドイツの北海沖や英国、ベルギーでの施設も補助の対象に選定され、それぞれ1千万~1億5千万ユーロ(約13億~195億円)が割り当てられる。

 欧州委員会エネルギー担当アンドリス・ピエバルグス(Andris Piebalgs)氏は「執行委員会は、気候変動に対応する要となるこの2つのプロジェクトの基礎を発展させることを重視し、技術が永久に継続されるよう配慮した」と語っている。また、6項目のプロジェクトは、排ガスから二酸化炭素を回収し排出量を削減するもので、技術面では初歩段階にあるが、世界初のプロジェクトであると解説している。

(翻訳編集・余靜)


 (09/12/14 07:59)  





■関連文章
  • 国連、中国へのCO2排出権取引承認に「待った」(09/12/07)
  • 増加する二酸化炭素排出量 大半は中国から(09/11/21)
  • 漁業資源に深刻な影響 酸化進むアラスカ沿岸海域=米国(09/10/28)
  • 中ロ仏日と中東諸国が極秘談判 米ドルを石油取引から排除か(09/10/12)
  • 中国、二酸化炭素排出量世界一=IEA報告(09/10/11)
  • ドイツの6割企業、中国への投資を中止=独紙(09/10/06)
  • 山東省「ガン県」、汚染に苦しむ住民が決死隊結成(09/06/20)
  • 台湾澎湖:羊400頭死亡、風車の騒音か(09/05/25)
  • 国連専門家、温暖化進行速度予期以上に速い(09/02/17)
  • 風力発電機のブレード 強風で折れる=英国(08/06/30)
  • 米NYフラッシング事件の中国当局の挑発目的を見極めよ=欧州委員会副委員長(08/06/05)
  • 中国5ヵ年環境保護計画、さらに厳しい局面に(07/12/11)
  • 中国三峡ダムは大災難もたらす=現地政府関係者認める(07/11/24)
  • 地球温暖化の緩和には、「肉の摂取量を減らせばいい」(07/09/18)
  • 世界汚染十大都市、中国2都市を占める=米研究機関(07/09/17)