印刷版   

パグ犬(Chris McGrath/Getty Images)

苦心するパグ犬、おやつの為に名演技!

 【大紀元日本1月11日】

 苦心する犬がいるとあなたは信じるだろうか? パグ犬の「ジャコ」はなんとおやつのジャーキーの為に自分よりも強そうな大型犬の前で寝たふりをし、合間を見計らってジャーキーをこっそり持って行くのだ。そのこそこそしている様子がネット上で評判をよび、そして、犬も「演技」できるということが実証された。

 野犬はおやつやおいしい肉を手に入れるのが難しい。しかし、パグ犬の「ジャコ」はピレニアン・マウンテン・ドッグの「シロ」と同じ屋根の下に住んでいるが、おやつの時間になって、おやつを楽しそうに食べているシロをジャコはよだれをたらしながら、ただみていることしかできなかったし、勇気を出して奪い取ることもできなかった。なぜなら、シロはジャコの何倍も大きいからだ。

 しかし、ジャコはぽかんとしているようで、実はおやつの為に頭脳を使っているのだ。

 ジャコはお腹がいっぱいになって眠そうなシロの横で自分も眠い演技をしながら、前足でジャーキーをたぐり寄せ、奪って隅っこで食べるのである。

 【ビデオ】

 


 シロが起きても、ジャコは命がけで演技を続けるのである。ジャコのこそこそしている様子はネット上でも人気を呼んだ。

(翻訳:鈴木真弓)


 (10/01/11 05:00)