印刷版   

06年8月遼寧省撫順市にある熱電併給所が爆発した時の様子(ネット写真)

熱電併給所でまた爆発事故=遼寧省

 【大紀元日本1月4日】先月31日午前2時ごろ、遼寧省撫順市にある熱電併給所で爆発事故が発生。それにより、同市内への暖気供給が一時中断した。省委員会書記が撫順市入りしたと伝えられているが、同市政府は被害状況についての情報を公開していない。

 現地からの情報によると、熱電併給所のボイラー室の爆発で、近くにあったアルミニウム工場のガラスが破損し、同工場内の暖気供給も中断した。当日の気温はマイナス25度前後で、暖気が断たれた工場内で、従業員らは寒さに震えながら作業を続けたという。同日午後、暖気供給は回復した。

 市民は、31日午前に巨大な爆発音が聞こえたと話している。爆発について記者が同市政府と熱電併給所に問い合わせたところ、回答は得られなかった。

 同熱電併給所では06年8月にもボイラー室で爆発事故が発生し、作業員8人が負傷、1人が死亡している。当時の事故原因は設備の破損による粉じん発生のために引き起こされたとみられている。

 
(翻訳編集・坂本)


 (10/01/04 07:45)  





■関連文章
  • 火薬積載トラック、高速道路で爆発 4人死亡=湖北省(09/12/08)
  • <続報>黒龍江省の炭鉱ガス爆発事故、死者104人に(09/11/23)
  • アクリル酸工場で連続爆発事故=浙江省(09/10/22)
  • 花火工場で爆発事故で15人死亡=内モンゴル自治区(08/09/02)
  • 五輪トーチリレー温州市実施中、車両爆発事故、16人死亡29人負傷(08/05/18)
  • 不法運営されていた中国の花火工場で爆発事故、9人が死亡(08/01/22)
  • 河北省蔚県・炭鉱爆発事故、死者17人(06/07/25)
  • ナイジェリアで石油爆発事故、300人以上が死亡       (06/05/13)
  • 中国陜西省:炭鉱大型爆発事故、死者27人(06/05/02)
  • 化学物質による河川汚染を隠ぺい、吉林市副市長が自宅で変死(05/12/08)
  • 中国:松花江のベンゼン汚染が拡大、佳木斯市でも水道供給停止(05/12/06)