THE EPOCH TIMES

【記者会見】 神韻芸術団・香港公演を妨害する中共政権に抗議

2010年01月26日 12時46分
 神韻芸術団」(本部・ニューヨーク)は1月27日~31日、香港初公演を行う予定で、発売から1週間で7公演のチケットが完売したほどの人気ぶりです。しかし、香港当局が直前になって舞台制作の主要スタッフ6人の入国ビザ申請を却下したことから、同公演の中止を余儀なくされました。

 神韻芸術団は過去3年にわたり、世界100都市以上で600回の公演を行い、150万人の観客を動員しました。中国古典舞踊、歌、音楽の舞台を通じて、中国本土で失われつつある伝統文化の復興を目的とし、「本当の中国文化」として世界各地で人気を博しています。日本ツアーは今年で4年目となり、3月4~17日まで日本6都市で開催する予定です。

 今回の公演妨害事件は、香港市民をはじめ世界各国に波紋を呼んでいます。また、香港のみならず、世界各地の神韻公演に対する中共の妨害工作について、その詳細と背景を明らかにし、厳重なる責任追及と抗議を呼びかけます。

 つきましては、下記の日程で記者会見を行います。報道関係の皆様にはぜひご取材のほどよろしくお願い致します。

 記

 日時:1月27日(水)14:00~14:45
 
 場所:外国人記者クラブ
 (東京都有楽町1-7-1 有楽町電気ビル北館20階)

 交通:「有楽町駅」日比谷口徒歩1分、「日比谷駅」A3出口すぐ

 主催:NPO法人日本法輪大法学会、大紀元時報、新唐人日本

 お問合せ先:山川かなえ(TEL:090-9460-1241)

関連キーワード

関連特集

^