印刷版   

エベレスト山(Prakash Mathema/Afp/Getty Images),/center>

地球温暖化により、毎年涼しい地域へ420m移動

 【大紀元日本1月1日】

 英『ネイチャー(Nature)』誌に掲載された研究報告によると、陸地の生態系は毎年数百メートルの移動が必要であり、これは地球温暖化が原因であるという。

 米カーネギー研究所(Carnegie Institution)によると、もし生物の種が適切な環境の生息地で生活を続けたければ、生態系は今世紀末までに毎年、平均420メートル涼しい地域への移動をしなければならなくなるという。

 山岳地帯を生息地とする生物は幸いなことに、山を少し登れば涼しい環境となり、少ない移動で済むが、マングローブ林、湿地や砂漠のような平地の生態系は生存のためには、もっと長い距離を移動しなければならないという。

 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の予測するこれらの統計はシナリオA1B「将来の世界が経済重視で国際化が進むと仮定したシナリオで、2030年時点の二酸化炭素(CO2 )濃度を477ppmとしている」に従って計算を行ったものを基本としており、今世紀のCO2排出量は、中レベルと考えられ、21世紀の気温上昇は、28度と予測されている。

 気候変動の影響は熱帯、亜熱帯の針葉樹林、温帯の針葉樹林および山岳地帯の草原や灌木林地域が最も緩やかであり、砂漠、マングローブ林、草原や樹木がまばらに生える低木地が最も早く影響を受けると述べている。

 報告では、ダーウィンの理論中にある、種の生存のための非情な自然淘汰が間もなく展開されるだろうと伝えている。

(編集翻訳・市村)


 (10/01/01 05:00)  





■関連文章
  • 環境破壊につながる生活習慣(09/12/30)
  • COP15:政治合意案、具体的な削減数値なし(09/12/19)
  • CO2削減:欧州委、15億ユーロをCCS技術と海上風力発電へ(09/12/14)
  • 巨大コンテナ船 深刻化する排気汚染(09/12/14)
  • 地球で一番遠い国、キリバス(09/12/14)
  •  巨大氷山が南極から豪大陸へ漂流(09/12/12)
  • 「コペンハーゲン合意」の草案明らかに=COP15(09/12/10)
  • 環境問題:海中に沈みゆく国=ツバル(09/12/10)
  • 世界二番目の大きさを誇る真珠(09/12/06)
  • 南極の氷 融ける規模と速さ、予測を上回る=米研究(09/11/30)
  • 増加する二酸化炭素排出量 大半は中国から(09/11/21)
  • 香港民主運動メンバー、北京空港で強制送還(09/10/31)
  • 野鳥たちのサンクチュアリ=エルサルバドルのマングローブ(09/10/29)
  • 漁業資源に深刻な影響 酸化進むアラスカ沿岸海域=米国(09/10/28)
  • エベレストにハエ生息確認 温暖化で氷河融解が深刻(09/10/20)