印刷版   

失恋なのか別れなのか(JOSEPH EID/AFP/Getty Images)

「失恋」と「別れ」の心情を見極め、慰めの言葉を探そう

 【大紀元日本1月27日】

 あなたは一つの恋愛に終止符を打つ時、「失恋」と考えますか?それとも「別れ」と考えますか?

 一見すると、言葉の違いに過ぎないと思えるかもしれませんが、これは心情によって違ってくるのです。

 辞書に「別れ」は「離れること」、「失恋」は「恋する気持ちが通じず、成就しないこと」と記載されてあります。2つの言葉の意味から「別れ」は客観的に考えており、「失恋」は主観的に考えていると読み取ることができます。

 「別れた」と言う人の多くは理性が保たれ洒脱である一方、「失恋した」と言う人は感性が働いて弱音を吐き、他人に気にとめて欲しい願望があります。

 今後、もしあなたの友達が「別れた」或いは、「失恋した」を口にした時、相手の心情を見極め、慰めの参考にしては如何でしょうか?

(翻訳編集・田中)


 (10/01/27 05:00)  





■関連文章
  • 頭をはっきりさせよう(09/12/21)
  • やってみよう、世界で最も正確な性格テスト(09/05/26)
  • 匂いは人に対する好感度に強く影響(08/03/11)
  • ≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(14)「父との永遠の別れ」(08/02/07)