印刷版   

運転免許試験4年間で950回 念願の合格

 【大紀元日本1月19日】韓国の68歳の女性は、昨年11月、951回目の試験でようやく合格し、念願の運転免許証を手に入れた。この女性は2005年4月から殆ど毎日運転免許の筆記試験を受け続けた世界で稀に見る記録保持者である。

 情報筋によると、運転免許の取得を志したこの女性は、これまで、試験のための申込料だけでも500万ウォン(約40万円)を費やしたという。しかし、その都度、試験結果は合格点の60点に満たず、路上試験を受ける資格を獲得できないままだった。

 韓国首都ソウルから南210キロ離れた全羅北道(ショルラほくどう)全州(チョンジュ)市監理処関係者は、女性が昨年11月4日に筆記試験で60点を取ったことを明らかにした。

 女性はAP通信に対して、「何度試みても不合格で、本当に恥ずかしく思いましたが、諦められませんでした。4人の子どもは自分が筆記試験にパスしたことを非常に喜んでくれました」と語った。女性によると、運転免許の取得は野菜販売の商売をするために必要だという。

(翻訳編集・豊山)


 (10/01/19 05:00)