印刷版   

09年全世界のネット攻撃、半数は中国から=ロシアIT企業調査報告

 【大紀元日本1月29日】アンチウイルスのソフト開発で有名なロシア企業「カスペルスキー実験室」が最近発表した調査報告書によると、09年全世界で起きたネット攻撃の半数以上は中国からだという。

 1月26日の記者会見で、同社が調査結果を公表した。それによると、2009年において増加したネット攻撃ソフトの数は1500万個、2008年の増加比率とほぼ同じだが、その技術性と破壊力は大幅に強化された。一方、09年1年間で記録できたネット攻撃の件数は7362万件で、その半数(52.7%)は中国からだという。

 また、同社が最近リリースしたWindows7対応のアンチウィルスソフトも攻撃される対象となっているという。

 カスペルスキー実験室は世界において、ウイルスソフト、ハッカー攻撃、ネット攻撃ソフト、迷惑メールなどの対策ソフトの開発に強みを持つ。中国にも支社を設立している。

(翻訳編集・叶子)


 (10/01/29 08:06)  





■関連文章
  • 新兵器、A型インフルエンザ対応スーツ登場(09/10/12)
  • 米国メーカー、新型インフルエンザのワクチン開発に成功(09/06/27)
  • 手足口病死者50人、当局の公表情報に矛盾(09/04/13)
  • 中国各地で手足口病拡大、死者26人(08/05/07)
  • 中国共産党、対米ネット攻撃戦略か=英紙(07/09/14)
  • 氷河に潜む14万年前のウィルス(07/08/20)
  • 中国農業部、高病原性伝染病による豚の大量死を公表(07/06/05)
  • 鳥インフル、ウィルス発生源は中国の広東省=米調査(07/03/07)
  • 中国人科学者ら、2003年の鳥インフルエンザによる人間感染死を実例報告(06/06/25)
  • 中国獣医学専門家:鳥インフルエンザは地域性伝染病に定着(06/06/09)
  • 鳥インフルエンザ、哺乳類動物も感染、各国で続発(06/03/03)
  • 米国人技師、中国ハッカー「タイタン・レイン」を追跡(05/12/25)
  • インドネシア、12人目の鳥インフルエンザ感染者(05/11/27)
  • EU:鳥インフルエンザ対策でロシアの鶏と羽毛の輸入禁止(05/11/25)
  • 中国賄賂文化に汚染される米国企業、民主を犠牲に貿易促進(05/09/03)