印刷版   

先月29日、台北市の迪化街にオープンした「年貨大街」。身動きがとれないほどの人通りでした。(大江・大紀元)

【台湾百景】「年貨」通りオープン 心は早くもお正月

 【大紀元日本2月4日】

 上の写真は、台北市の「迪化街」(Di hua 街)に開設された「年貨」大通りです。「年貨」とはお正月(春節)用品のことで、お正月が近付くと、普段は漢方薬材店が軒を並べるこの通り沿いにずらりと特設の売り場が設けられ、通り全体が「年貨」で溢れます。

 中国、台湾の人々、さらには海外にいる華人の多くも、お正月は今でも旧暦で祝います。今年は、2月14日がその日にあたり、迪化街では、1月29日(金)に「年貨」大通りがオープンしました。最初の日曜日となった31日は、快晴の暖かい天気(最高気温27度)も手伝って、通りは身動きもとれないほどの人でごった返していました。

「烏魚子」とはカラスミのこと。お正月には欠かせない食べ物です。台湾でもそれなりの高級品で、豊かさの象徴だそうです。(大江・大紀元)

ここは「肉乾」(干し肉)の店。縁起のいい黄色のチョッキに帽子で、お客さんを呼び込みます。(大江・大紀元)

北海道が、親善大使「まりもっこり」を引き連れて、特設会場で観光PRをしていました。台湾の人にとって北海道はあこがれの観光地の一つで、冬の雪景色とスキー、夏のラベンダーが人気だそうです。(大江・大紀元)

大きなバケツに入っているのは、全部キャンディ。(大江・大紀元)

台湾の目と鼻の先にある沖縄の手作り黒糖も人気です。(大江・大紀元)

ドライフルーツ。とはいっても、インゲンやオクラらしきものもありますね。(大江・大紀元)

「柿餅」(干し柿)です。「餅」は中国語では薄っぺらい食べ物を指します。写真の形を見て、「柿餅」の命名に納得です。(大江・大紀元)

山盛りに積んであるのは「サキイカ」の類。この量には圧倒されます。こんな店が何軒もありました。(大江・大紀元)

マイクを片手に、お客さんの呼び込み、頑張ってますね。手にしているのは殻付き落花生。通りの真ん中で呼び込みをする人は、ほとんどみんな、こんなふうに脚立に乗っています。(大江・大紀元)

このお兄さんも、身振り手振りを交えて、元気がいい。(大江・大紀元)

このお嬢さんが手にしているのは「ロブスターサラダ」。台湾では日本産のものはいろいろと人気があります。(大江・大紀元)

「あ~疲れた」。思わず天を見上げるお兄さん。手をたたき、マイクも使わず大きな声を張り上げてお客さんの呼び込みをしていたので、疲れたのかもしれません。ここは大福モチみたいなものを売っていました。(大江・大紀元)

「年貨大街」を経由する518番路線のバスは、特別に「年貨公車」(お正月用品バス)と電光掲示されていました。(大江・大紀元)

(記者・大江)

 (10/02/04 05:00)  





■関連文章
  • 【台湾百景】びっくり仰天!バイクの4人乗り(10/02/02)
  • 台湾への武器輸出、中国が強反発 米民間企業まで制裁の懸念(10/02/01)
  • 中国ミサイル実験:米下院公聴会、近隣国への軍事威圧を懸念(10/01/16)
  • 米、台湾に武器供給姿勢 緊張感高まる米中関係(10/01/11)
  • <江沢民起訴案件> 台湾:法律修訂 薄煕来、スペイン引渡しが可能(10/01/07)
  • 台湾国営放送局、対中国放送の時間削減 反対により撤回(09/12/26)
  • 葉緑素で発電に成功、省エネ技術大躍進=台湾(09/12/26)
  • 法輪功学習者6千人、弾圧反対の平和抗議=台湾(09/12/25)
  • アメリカの対中関係のキーポイント(09/12/24)
  • 中台窓口トップ会談に抗議 台中市10万人デモ(09/12/23)
  • 【速報】台湾東沿海外海 震度7の地震発生(09/12/20)
  • 世界初:脳波でページがめくれる!=台湾(09/12/19)
  • 元中国高官、台湾訪問中に刑事告訴される(09/12/18)
  • 台湾行政院長:中国資本による台湾金融業への出資、認可しない(09/12/11)
  • 台湾・統一地方選:民進党復活、国民党後退 馬総統の中国政策に影響か(09/12/08)