印刷版   

(Getty Image)

MS社 「Windows 7」海賊版防止対策で画面を黒に

 【大紀元日本2月24日】「ユーザーが使用しているOSが正規版かどうか」を認証する為、Microsoftは新しく「Windowsアクティブ技術」更新プログラムを発表し、このアップデートは、Microsoftの正規ウェブサイトで2月16日から、ダウンロードセンターでは17日から手動でダウンロードできる。このアップデートをインストールすると、海賊版のユーザーは30日後にパソコンが自動的に黒画面になる。しかし2008年に、Microsoftの「黒画面、海賊版防止対策」行動を行ったとき、中国ユーザーと世論の強烈な反発を誘発した為、今度は、「中国のユーザーに対して、暫くはこのアップデートのダウンとインストールを要求しない」と決定した。

 Windows 7を発表する前、MicrosoftはかつてWindows7とWindows Vistaには一種類の「Windowsアクティブ技術(WAT)」を内蔵したと発表した。この技術はOSシステムファイルの修正と使用状況によって、総合的にユーザーのOSを判断し、単純にユーザーOSの認証番号だけで判断するのではない。

 今年の2月に、この更新プログラムはWindows Updateを通じて世界に発表でき、このアップデートをインストールすると、海賊版でも30日間の使用期限がある。30日後、ユーザーのOSが「正規版ではない」と判断された場合、パソコン画面が黒色になり、ユーザーに「製品のアクティブあるいは正式版の授権が必要」と注意を与える。しかしパソコンの機能と応用は影響を受けない。

 この更新プログラムで、70余りの違法アクティブプログラムの検出ができ、また違法的に修正したOSシステムの修復もできる。Microsoft社の中国市場社長・韋青氏は、未来、Microsoftは海賊版Windowsに対して、継続して新しい更新プログラムを発表すると言った。つまり、Microsoftは海賊版Windowsを防止する為、絶えず新しい反海賊版更新プログラムを発表するつもりである。

 Microsoft社のこの行動の中で、中国は唯一の例外である。Microsoftは2008年反正規版OS対策として「黒画面、海賊版防止対策」行動を行った。しかし、この対策は多くの中国ユーザーと世論の強烈な反発を引き起こした。多くのIT評論家とWEBユーザーはMicrosoft製品の定価が高すぎると思っている。中国新浪ネットの20万人の投票者によると、「87%の人が正規版のOSを買わない、86%の人がOSの認証に参加しない」と言った。

 その後、Microsoftは大幅に製品の価格を調整した。

 前回の教訓があって、Microsoftは、暫くはWindows Updateによって、中国ユーザーの今度の更新プログラムのインストールを要求しない。この行動は、たぶん今年の夏まで遅らせるだろう、中国ユーザーに対しては、市場宣伝と認識の向上が必要だと判断したからである。韋青氏はまた、「Microsoftが更新プログラムを出すのは、消費者を助けることが目的で、この行動を通じて大きな収益を得る為ではない」と言った。

 現在、中国のユーザーに提案するWindows 7家庭普通版の販売価格は399元で、Windows 7家庭高級版の販売価格は669元である。Microsoftはまた、正規版のユーザーに対して、もっと多くの優遇政策とサービスを提供するつもりである。

(翻訳編集・盛徳)


 (10/02/24 05:00)  





■関連文章
  • 「Windows 7」史上最速の販売実績を記録(10/02/03)
  • 新たなネット検閲ソフトか、「グリーン・ダム」より20倍性能アップ(09/07/15)
  • 中国当局、ネット検閲ソフトの導入延期(09/07/02)
  • 中国:7月1日より検閲ソフトインストール義務付け(09/06/10)
  • 世界最年少大学講師、8歳男児=インド(09/01/11)
  • 米年次報告書:中国当局、対外スパイ活動を強化(08/11/23)
  • 中国新華社サイト、スパイウェア感染性高い「レッド・ゾーン」に=マカフィー社(08/09/22)
  • 米国情報部員の極秘ファイル解禁、作家ヘミングウェイの息子の名も(08/09/03)
  • 【バンクーバー通信】ビスタ君とモハビ君(08/08/27)
  • 仕事と私事のネット利用、両立するのは・・・難しい?(08/07/18)
  • 米政府・軍部で中国製海賊版コンピューター部品大量使用(08/05/15)
  • 知的財産権保護問題、WTOへ提訴=米通商代表部(07/08/15)
  • メキシコ、知的財産権めぐる米国の対中国WTO提訴に参加(07/05/01)
  • 海賊版の生産国、トップは中国とロシア=米通商代表部(07/05/01)
  • 米映画会社6社、中国での違法コピーDVD裁判に勝訴(07/04/27)