印刷版   

2010ベストモデルとなったレクサス LS460L (トヨタ自動車)

トヨタLS460L、ベストモデルに=新車10ベストカー米誌ランキング

 【大紀元日本2月26日】リコール問題に揺れる中、トヨタ車のレクサス LS460Lが、米消費者団体専門誌『コンシューマー・レポート(Consumer Reports)』が23日に発表した2010年自動車評価ランキングの中、99点(百点満点)のほぼ完璧な得点でベストモデル(best overall)に評価された。プリウスはリコール問題があるものの、不具合への対応が認められ、今回は依然グリーン・カーのトップの座に輝いた。

 一方、昨年5部門のトップだったのに対して、トヨタは今年の2部門トップにランクダウンした結果となった。

 今年の評価は米国市場で販売されている約280のモデルについて行った。同誌独自の走行試験などの結果に基づき、安全性、信頼性について評価しランク付けした結果、10部門のうち日本車は6部門で最高の評価を受けたが、昨年の同評価の8部門トップを下回った。

 10部門のベストカーは以下のとおり。

 <ベストモデル> トヨタ レクサス LS460L  
 <ファミリーセダン> 日産 アルティマ(Altima、北米モデル)
 <スモールセダン> 現代 エラントラ SE(Elantra SE)
 <スポーツカー> フォルクスワーゲン GTI 
 <小型SUV> スバル フォレスター 
 <大型SUV> シボレー トラバース(Chevrolet Traverse)
 <グリーン・カー> トヨタ プリウス
 <スポーツセダン> 日産 インフィニティ G37(Infiniti G37)
 <ミニバン> マヅダ Mazda5(プレマシーの海外仕様)
 <ピックアップトラック> シボレー シルバラード(Chevrolet Silverado)

(翻訳編集・心明)


 (10/02/26 07:57)  





■関連文章
  • 【グローバルQ&A】トヨタのリコール問題、世界の市民はどうみる?①(10/02/24)
  • 中国:毒入り粉ミルクが、なぜまた市場に?(10/02/17)
  • トヨタ車リコール:「日本経済の中年危機」=中国メディア・消費者(10/02/11)
  • 「今は、お客さま対応を」 トヨタ社長リコール会見(10/02/10)
  • 問われる日本企業の姿勢 トヨタのリコール問題(10/02/09)
  • 新型夜行性ビデオカメラ搭載車開発=トヨタ(10/02/06)
  • トヨタ、米1月販売台数16%急減 11年振りの低水準(10/02/04)
  • トヨタ車パワーウインドーに欠陥、中国で約70万台リコール(09/08/25)
  • トヨタ、カナダでの自動車生産台数第1位に(09/08/04)
  • どうして?一昔前の日本製中古車、米国裏街道で人気者(07/10/16)
  • 08年中国販売、最低でも07年計画比+16.2%に=トヨタ(07/04/16)
  • 円安の中でトヨタが新安値、夏まで株価不振の恐れも(07/04/13)
  • トヨタ、07年ハイブリッド車世界販売は4割増で計画(07/01/25)
  • トヨタ、インドネシアからの輸出を07年に12%拡大へ(06/12/12)
  • トヨタ、中国をピックアップトラック市場として有望視(06/11/16)