■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2010/02/html/d65450.html



ヘルシー・ブレック・ファースト(ほうれん草のスープ)(山崎)

【ニューヨーク通信】休日のひと時、フレンチ風のブランチはいかが?

 【大紀元日本2月7日】今回、皆様にご紹介するお店は、私が休日のお昼(ブランチ)に良く出かけていくおしゃれなフレンチのお店です。フレンチといっても、高級なレストランなどではなく、パンや食料品雑貨なども扱う軽食コーヒーショップというところでしょうか。

 お店の名前は、レェ・パエィン・クオティデン(le pain quotidien)というフレンチの呼び名で、マンハッタンでは全部で9店ほどあります。欧米にはありますが、残念ながらまだ日本にはありません。私にはこのお店の名前は正確に発音できず、発音しようとすると思わず舌をかんでしまいそうになります。私がよく行くお店は、マンハッタンのチェルシー地区にあるお店で、外見はあまり目立たず、地味な店構えですが、いつも込み合っていて人気があり、週末などは座るイスを探すのがやっとといったところです。雰囲気がとても良く、食事をしている間はまるでフランスにでも行ったような気持ちにさせてくれます。お店のHPは こちらです。

 お店のお勧めメニューは、毎日お店の黒板に手書きで書かれていて、特にお店の売り物は、ヘルシーでオーガニックの食材を使ったベジタリアンのメニュー(にんじんのマークがついている)がそろっていることです。すべてのお料理がシンプルですが、素敵に飾り付けられていておしゃれです。もちろんお肉やお魚の添えた料理もあります。朝食やお昼の軽食、午後のおやつなどには、ぴったりのお店です。

 食事も楽しみですが、そのお店でそろえている食料品や小物、クロワッサンやフランスパンはもちろんのこと、ジャムやお茶、塩、コショウ、バルサミック・ビネガー、オリーブ油、買い物用トート・バックの小物など、食事に行く度にすこしずつ買い物をしてしまいます。そんなわけで自分の家にはお店で買った食料品や調味料、小物が段々と増えていきます。このお店でそろえている食料品や小物など、商品のクオリティは、他のお店よりずっと高いような気がします。休日の楽しみに、おしゃれでヘルシーなレェ・パエィン・クオティデンのお店が早く日本にもできればいいなと思っています。

 
イチゴとくるみをあしらったフレンチ風おかゆ(Porridge)(山崎)

お店で働く人達(山崎)

お客で賑わう店内(山崎)

ロゴ入り買い物用トート・バッグ(約5ドル)(山崎)

コショウ、塩、オリーブ油、バルサ・ミコス、ジャム(山崎)

(NY=山崎)