印刷版   

家族旅行などの満足度は暫く継続する(Bertrand Guay/AFP)

米研究:お金を使った後の満足度 買い物より旅行

 【大紀元日本3月14日】米ニューヨーク州のコーネル大学の心理学教授トーマス・ギロヴィッチ氏(Thomas Gilovich)とトラビス・J・カーター氏(Travis J. Carter)は、「米国心理学会」が主催する『人格と社会心理学』誌(Journal of Personality and Social Psychology)の2月16日付けオンラインで、人々が買い物をしたり旅行したりした後に感じた楽しい気持や満足度を比較研究した結果を発表した。

 研究の結果では、人は家族旅行などの「経験」に対しお金を使った場合、最初から高い満足度を得ており、旅行終了後も満足する気持ちが暫く続くという。一方、買い物など「物を買って」得られた満足度は、買い物した時のみに得られただけで、その後継続しないという。

 なぜなら消費者たちは往々にして、買い物した後に、他人の買ったものが自分が買ったものより良いかどうかを比較したがる。また、同じものを購入した他人が、自分が買った値段がより安いかどうかなども知りたがるからである。

 また研究によると、消費者は個々の商品を比較しながら判断するよりも、これまでの全ての経験を踏まえて判断した方がやり易いのだという。

 今回の研究で得た結論として、金銭で愛情を買うことはできないが満足感を得ることはできる。お金を使うなら物を買うのではなく、精神的に満足のいくものに費やすことである。

(翻訳編集・豊山)


 (10/03/14 05:00)  





■関連文章
  • 米国:カドミウム含有の中国製ペンダント、5・5万本回収(10/02/02)
  • 過剰生産:中国国内の「中国産」問題(09/12/27)
  • 女性のヘアスタイル、景気のバロメーター?(09/08/15)
  • 米ベビー用品100万個リコール、被害報告347件(09/07/11)
  • 中国=11月輸出高、7年ぶり減少(08/12/21)
  • 食品安全問題:米国政府、保険関係部門長官二人を中国に派遣(08/11/16)
  • メラミン検出基準問題で、台湾衛生署署長辞職(08/09/28)
  • 欧州連合、中国製品安全問題の改善を促す(08/06/13)
  • 中国経済、将来においてデフレ圧力が発生=報告(08/05/01)
  • 中国:消費者物価の上昇とまらず、民衆に一層の圧力(08/03/15)
  • 2011年国際消費者会議開催地、香港に決まる(08/03/14)
  • 中国のインフレ率、過去11年間で最高を記録(08/02/28)
  • 米ニューヨーク州、中国製玩具50万件リコール(07/11/24)
  • 米国消費者商品安全委員会、中国製含む6製品を回収(07/10/17)
  • 中国製電動アシスト自転車、2万台リコール=米国(07/10/11)