印刷版   

月の北極に氷に満ちたクレーターがいっぱい(写真:NASA)

月に6億トンの氷を発見か=NASA

 【大紀元日本3月6日】アメリカ航空宇宙局(NASA)は2日、インドの宇宙船から発射した米国の小型合成レーダー「ミニスター」が、月の北極で、大小クレーターを40個以上発見したことを発表した。このクレーターは、直径2~15キロメートルで氷が充満している。NASAの発表によると、クレーターの実際の深さなどによるが、少なくとも約6億トンの氷の総量があると推測されている。

 今回の実験を率いるヒューストンの「月と惑星学会」(Lunar and Planetary Institute)の主任研究員ポール・スプディス(Paul Spudis)氏は、「これらの新しい発見を通して、予想以上に月に科学性があることが分かり、興味深い。将来、人類が利用できる場所としての価値が十分にある」と語った。

 この1年間に「ミニスター」は無線電波の反射特性を利用して、地球から見えない月の影の部分にあるクレーターを地図標記することに成功した。

 ワシントンのNASAの宇宙活動ミッション局(Space Operations Mission Dictorate)のジェーソン・クルーサン(Jason Crusan)氏は、「データを分析した結果、科学チームは、クレーターに明確に氷があることを示していると判断した。これらの結果は今後の探索・開拓の上で、これまで考えなかった活動の地点を提供してくれた」と述べた。

 今回の「ミニスター」の発見は、NASAのその他の探査機器を利用した結果と同様であり、月には多種類の形態の水があるという科学界での認識をさらに裏付ける資料となった。今回の探査結果は、米地球物理学会誌「Geophysical Research Letters」に掲載されている。

(翻訳編集・豊山)


 (10/03/06 05:00)  





■関連文章
  • 【フォトニュース】旧正月の終わりを告げるランタン=韓国(10/03/01)
  • 今日は「元宵節」 今年の月は53年来最も丸くて大きい(10/02/28)
  • 美しい彗星の尾、最新宇宙スナップ・ショット(10/02/25)
  • 国際宇宙ステーションから見た美しい光景(10/02/22)
  • 神秘的 同時に光る土星の南北両極のオーロラ=NASA(10/02/20)
  • NASA:太陽からコロナを噴射した瞬間(10/02/19)
  • 【バンクーバー通信】新年快楽~バンクーバーの中華街から(10/02/18)
  • 「政治色強すぎ」 大みそかの春節晩会、満足度15%(10/02/17)
  • <在日中国人の目>忘れられた日本の旧正月(10/02/17)
  • 【フォトニュース】オホーツク海漂う流氷 冬の神秘=北海道・網走(10/02/17)
  • 中国旧正月の縁起物③ 魚(10/02/17)
  • 【台湾百景】真っ赤な「勝負」下着(10/02/16)
  • 世界各地の中国人 虎年を迎える(10/02/14)
  • 大晦日の夜、なぜ餃子を食べるの?(10/02/13)
  • NYタイムズスクエア「東芝ビジョン」で、旧正月カウントダウン(10/02/12)