印刷版   

(左)17日の北京 (右)黄砂に覆われた22日の北京(AFP)

黄砂が再び北京を襲う 警報も発令

 【大紀元日本3月24日】中国北部で22日早朝に砂嵐が発生し、北京市内が一面黄色に染まった。先週末、今年最大規模とされる砂嵐が中国北部を襲い、20日に北京で黄砂が観測されたばかり。

 22日早朝、内陸部の内モンゴル自治区などで砂嵐が発生し、土砂や雪の混じった強風が吹き荒れた。気温は氷点下6~8度、視程は100m以下となった。悪天候の影響で、主要交通手段のバスは運休し、一部の建物やパオ(遊牧民が用いる饅頭型をした組み立て式の家屋)は強風によって破壊された。

 22日午前10時頃、さらに強くなった砂嵐が北京上空に飛来。同日昼ごろ、北京市内は黄砂に覆われ、強い土の匂いが町中に漂った。多くの市民がマスクをつけた姿が見られた。

 北京環境観測センターのデータによると、空気の汚染度は4級に達し、中央気象台は22日朝6時に黄砂警報を発令した。気象専門家は戸締りの強化、マスクの着用、視界不良による交通事故への注意を呼びかけた。

20日、マスクで顔を覆う子供

20日、スカーフで顔を覆う女性

20日、黄砂に見舞われた北京市内

(翻訳編集・YJ)

 (10/03/24 09:29)  





■関連文章
  • 中国16省で砂嵐警報 2・7億人に被害 日本・台湾でも影響(10/03/22)
  • 一部地区視界ゼロに 新疆ウイグル自治区で強い砂嵐(10/03/14)
  • 深刻な汚染の中国で、私はどう生き残ったか=米記者(10/02/13)
  • 「大学は養鶏場ではない」 給料の歩合制に北京大教授らが反発(10/02/06)
  • 地方の駐北京事務所、大幅に削減(10/01/26)
  • 連日の大雪で直訴者が凍死=北京(10/01/12)
  • 59年ぶり 最大の降雪量を記録=中国北部(10/01/07)
  • <新型インフル>北京市感染者40万人 WHO:中国に変異ウイルスの感染症例も(09/11/26)
  • 胡錦濤主席ニュースを放送ミス 北京市テレビ局トップ免職か(09/11/16)
  • 10省で濃霧発生 各地で交通の乱れ=中国(09/11/10)
  • 中国北部に強力な寒波 北京、大雪で空港発着便大幅遅れ(09/11/04)
  • 米系華人エンジニア、商業機密窃取の疑いで逮捕(09/10/21)
  • 北京の拘留施設の実態:政府報道と拘束者が語る二つのバージョン(09/10/18)
  • 北京大の人気「学術猫」、哲学芸術の授業が好き(09/10/05)
  • 60周年を迎え、7万台のタクシーに監視装置を義務づけ=北京(09/09/27)