印刷版   

声を掛けたら湧き出す泉―「喊泉」(ネット写真)

[奇妙な自然景観] 音を聞くと隠れる泉と呼ばないと現れない泉

 【大紀元日本3月28日】中国には多くの観光名勝と自然景観があります。人の声で顔を隠す「含羞泉」と、それとは逆に呼ばないと現れない「喊泉」がその中に含まれています。

 四川省広元県龍門山の東北には「含羞泉(恥ずかしがり屋の泉)」と呼ばれる奇妙な泉があります。元の名前は「仙女池」だったのですが、なぜ「恥ずかしがり屋の泉」と呼ばれるようになったのでしょうか。それはこの泉の奇妙な特性にあります。

 この泉は周囲が静かな時には水を湧き出しているのですが、周りで大声を出したり、水面に石を投げたりすると、泉が驚かされたように、湧き水が止まります。そして周囲が再び静寂を取り戻すと、湧き水が再び流れ出してくるのです。この泉は恥ずかしがり屋の少女が誰かに遭遇した時、急いで家の中に隠れる姿に似ていることから、人々はこの泉を「含羞泉」と呼ぶようになったそうです。

 さらに奇妙なことに、「含羞泉」とは性格が逆で呼ばないと水が湧かない「喊泉」があります。この泉は安徽省寿県城北から5キロの場所にあります。

 この泉は叫ぶような大声に反応して水が湧き出してきます。また、その声の大きさによって水量が変化します。大声で叫ぶと泉の水は大量に湧き出し、小さめの声で叫ぶと少しだけ湧き出します。叫ばなければ水は湧き出してきません。このことから現地の人はこの泉を「喊泉」と呼んでいます。

 「喊泉」は1カ所だけではありません。湖南省茲利県金坪郷の伏龍山山腹の泉は雨期に山の湖や渓流の水量が増えても、水は湧き出していませんが、稲妻が走り、雷が鳴ると、泉からザーザーと音を立てて水が流れ出してきます。誰かが大声で談笑している時も、もともと涸れている泉の湧き出し口から水が流れ出してきます。

 貴州省貴陽市の北にある巴香村の「喊泉」は人が泉の周りの石を叩くと水が流れ出してきます。しかも、石を叩くのを止めてしまうと途端に水が止まってしまいます。

 重慶市武陵山付近の酉陽トゥチャ族ミャオ族自治県には一つの巨石があり、その下には長さ約1メートル、幅0.6メートル、深さ0.3メートルほどの泉があります。『酉陽州志』の記載によると、人々は泉の水が飲みたくなったら小石でこの巨石を叩いて、さらに大声で水が飲みたいと叫ぶと、間もなく泉から水が湧き出してきます。しかも、湧き出した水は飲む人の人数や水を入れる容器の大きさによって違い、人がいなくなるとすぐに止まってしまいます。

(翻訳編集・市村)


 (10/03/28 05:00)  





■関連文章
  • 世界初の商用波力・潮力発電所を建設=英国(10/03/26)
  • 生物世界のイリュージョン・ショー(10/03/21)
  • 【フォトニュース】ぺロリ!チョコ味のスウィーツ温泉(10/02/16)
  • 【フォトニュース】冬の風物詩「ニホンザルの湯浴み」 外国人客に人気(10/02/01)
  • 壮観!世界の気象写真 09年度特選(10/01/15)
  • 暦、時間、そして権力(10/01/01)
  • 中国書道を最盛にした提唱者、唐代皇帝――唐太宗(09/12/01)
  • おばあちゃんの知恵袋=米国版(09/11/29)
  • 大自然の造形美(09/11/18)
  • イベラ自然保護区の生物たち=アルゼンチン(09/11/16)
  • 世界のシンボル的な観光地=米国バージニア州(09/11/09)
  • 1千種以上の淡水魚、絶滅の危機に=IUCN発表(09/11/06)
  • トラ生息数激減 保護目指す国際会議=ネパール(09/11/03)
  • 海水を吸う3匹のドラゴン(09/10/21)
  • 大学副教授、政治改革を訴え、「国家政権転覆罪」で懲役10年=中国(09/10/19)