印刷版   

(TOSHIFUMI KITAMURA/AFP/Getty Images)

【フォトニュース】容姿などを理由に解雇か 元部長が会社を訴える=プラダジャパン

 【大紀元日本4月21日】容姿などを理由に解雇されたと、元勤め先であるイタリア高級ブランド「プラダ」日本法人を訴えると都内で会見した元販売担当部長リナ・ボブリスさん。

 ボブリスさんは、同社の社長と人事部長が従業員の容姿について差別的な発言をしたとして、前年12月に地位確認などで慰謝料1700万円を求める労働審判を東京地裁に申し立てていた。しかし労働審判で会社側と和解することができなかったため、正式な裁判を行う準備を進めているという。

 ボブリスさんは9月に人事部長から呼び出され、「髪型を変えろ」「やせろ」などと指摘を受けた。このことをイタリアの本社に報告したが、今年3月に解雇を通告された。

 会社側はボブリスさんの主張を「まったく根拠のないことだ」と否定し、解雇についても「完全に合法的な判断だ」と主張している。

(佐渡)


 (10/04/21 06:35)  





■キーワード
セクハラ  女性問題  プラダ  


■関連文章
  • シャネルなど有名ブランド、模造品販売関係社らを提訴(05/11/07)