印刷版   

(新唐人テレビより)

【漢方医学】カルテ(一)―医者にとって最も大事なものとは?

 【大紀元日本4月13日】このカルテシリーズは、古代から代々伝わってきた、漢方にまつわる数々の逸話をご紹介。不可思議で神秘的、けれど強く胸を打つ内容は、漢方の魅力を再認識させてくれる。

 第一回目の今回は、「藪医者と華佗(かだ)」

 ある外科医は女性患者を子宮癌と診断する。そして彼女のお腹を切り開き、腫瘍を摘出しようとしたとき、外科医の目に飛び込んできた物……それは何と胎児の姿であった。そう、この女性は子宮癌ではなく妊娠していたのだ。外科医は手術台の前で、心中激しく葛藤する。このまま手術を続行するのか、それとも正直に自分の誤りを認めて、告白をするのか?

 結局、この外科医は後者を選んだ。患者、そしてその家族に自らの誤診を告げた。そして医者は、患者らに訴えられて富と共に名誉も失うことになるのだが……

 胡先生がこの逸話で強調するのは、医者としての徳である。特に、古代の医を学ぼうとする者は、高い心性や道徳が求められた。逆に言えば、高い心性や道徳がなければ、師から医の極意・直伝を授かることができなかった。つまり古代の優れた一部の医者は修煉者だったのである。そして、修煉者だったからこそ、彼らには今で言う特異功能、すなわち超能力が備わっていた。例えば、透視功能によって患者の体内を見ることができたのである。

 中でも、龐安常(ほうあんじょう)、扁鵲(へんじゃく)、長桑君(ちょうそうくん)、華佗(かだ)、李時珍(りじちん)、孫思邈(そんしばく)などが有名だ。

 ※新唐人テレビでは、この話を映像でお楽しみいただけます。

(カワイ)


 (10/04/13 05:00)  





■キーワード
漢方医学  カルテ  藪医者  華佗  


■関連文章
  • 古代の名医 華佗の伝説(09/12/13)
  • 漢方医学の視点からストレスを解説(09/09/12)
  • 漢方医学からみる五行と感情(09/08/27)
  • 漢方学から見る女性の不定愁訴(09/06/21)
  • 【ノンフィクション】ナンシーのカルテ(6)(07/09/01)
  • 【ノンフィクション】ナンシーのカルテ(5)(07/08/27)
  • 【ノンフィクション】ナンシーのカルテ(4)(07/08/23)
  • 【ノンフィクション】ナンシーのカルテ(3)(07/08/20)
  • 【ノンフィクション】ナンシーのカルテ(2)(07/08/16)
  • 【ノンフィクション】ナンシーのカルテ(1)(07/08/14)
  • 舌から見える心の病(07/07/25)
  • 漢方相談室:春の養生法(06/04/17)
  • 古代の名医 華佗(06/03/18)
  • 中国フォーラム特別講演/12月18日(日)---二人の在日中国人博士が語る中国の真実(鳥インフル(05/12/06)
  • 杏林漫歩(05/09/06)