印刷版   

わかるかな? お見事なカモフラージュ・アンテナ

庶民の「知恵」 見事にカモフラージュしたアンテナたち=中国

 【大紀元日本4月18日】中国では個人レベルでの衛星放送受信は禁止されており、各家庭でのアンテナ設置もやってはいけない。衛星放送の電波は各地方の有線テレビ局を経由してから各受信者の家に配信される仕組みになっている。

 しかし、中国では「上有政策、下有対策(上に政策があれば、下に対策がある)」という言い方があるように、多くの家庭は受信アンテナにカモフラージュを施したり、隠したりして工夫し密かに衛星放送を楽しんでいる。実際、筆者の親戚も日本語と韓国語が堪能のため、NHK海外放送と韓国のKBSを毎日見ており、日本に住んでいる私達よりも「国際化」している。警察の巡回検査は定期的にあるが、それもなぜか毎回のように情報が漏れ、警察が来る前に各家庭はすでにアンテナを取り込んでいるという。

 芸術の域に届きそうなカモフラージュ、涙ぐましい自作カバー、さらに検査情報を漏らしてくれる警察官までいて、それはまさに情報を得るための庶民の「知恵」と言えよう。

芸術的なカモフラージュ

見事に建物に同化

アートの世界

受信できるか心配だ

格好な洋服掛け

涙ぐましいカバー

(翻訳編集・心明)

 (10/04/18 05:00)  





■キーワード
中国のテレビ  中国の衛星放送  上有政策  下有対策