印刷版   

大根おろし(大紀元)

【漢方の世界】高血圧には大根がお勧め

 【大紀元日本4月27日】漢方ではまず病気を招いた原因を探り、それに対して治療を行う。高血圧も例外ではなく、その原因に対する治療は最も重要だ。症状を改善するために、薬ばかりに頼らず、飲食療法を試しても良いかも。今回の番組では、高血圧が気になり始めた方にお勧めの食べ物をご紹介。それは、ずばり大根だ。

 身近で手ごろな野菜、大根。だが、あなどることなかれ。大根は生の場合、気を上昇させ、火を通すと逆に気を降ろす働きがあるという。このように、気の流れをスムーズにするのは人体にとって、非常に肝心だ。というのも漢方では、「気の流れが滞ると病気になる」と見るからだ。

 今回ご紹介する大根の使い方だが、まず生の大根をおろす。100ccになるまでおろしたら、これを水で薄めて飲む。毎日この100ccの大根のおろし汁を、一週間ほど飲み続ける(100ccを一日二回に分ける。一回分は50cc)。

 ただし、何事も「過ぎたるは及ばざるが如し」。大根も摂り過ぎれば、血がにじんだり、白髪になったりすることもある。何よりも大切なのは、高血圧になった原因を取り除くことだ。というのも漢方は「うわべを治すのではなく、根本から改善する」からだ。まずは、ご自身の生活習慣を振り返ってみては?もしかしたら、薬どころか大根も必要ないかもしれない。

 ※この番組の詳しい内容は新唐人テレビ局の『漢方の世界』をご覧下さい。

(河合)

 (10/04/27 05:00)  





■キーワード
漢方の世界  高血圧  大根  飲食療法  


■関連文章
  • 【家庭料理】コクのあるカレー大根(09/11/05)
  • 果糖摂取と血圧上昇との関係(09/10/20)
  • 【家庭料理】今が旬、大根と豚肉のうま煮(08/01/31)
  • 【日本の祭り】大般若講・大根祭り(08/01/08)
  • 過度の運動は、心臓の衰弱を招く(07/09/09)
  • 幸せな結婚生活、仕事のストレスを緩和=カナダ調査(07/03/19)
  • WHO報告「10年以内に中国人8000万人が慢性病で死亡」(06/05/12)