印刷版   

公安局で爆発事件=中国湖北省

 【大紀元日本4月16日】14日午前11時半頃、湖北省当陽市公安局で爆発事件が発生。容疑者は現場から逃走中に逮捕された。死傷者はいないもよう。

 情報によると、爆発の現場は公安局ビルの1階ロビー。その衝撃で窓と扉のガラスの一部が破壊された。容疑者の男性は同市九沖村の村民。

 犯罪の動機について、家庭内トラブルでイライラしていた同容疑者が、大騒ぎを起こそうと爆発を計画した、と地元政府は発表している。

 政府のこの説明を疑問視する声が根強く、容疑者は同公安局に強い不満を持っているのではないかと指摘されている。インターネットサイトでは、「勇敢な心の持ち主だ」「悪勢力に仇討ち、愛憎分明」など、容疑者を支持する発言も多く書き込まれている。

 近年、中国当局の政府機構を狙う爆発事件が増えている。

 2008年11月12日夜、安徽省の淮南・強制労働収容所で爆発事件、100人あまりが死傷。

 2008年7月、湖南省張家界市の役所施設で爆発事件、12人が負傷、うち5人が重傷。

 2008年7月、河北省広宗県公安局で爆発事件、約10人が負傷。

(翻訳編集・叶子)


 (10/04/16 08:02)  





■キーワード
爆発  湖北省  公安局  


■関連文章
  • 印刷工場で爆発事故、管理者を逮捕=北京(10/04/13)
  • 違法操業中の炭鉱爆発、死者19人 更に増える見込み=河南省(10/04/05)
  • 習慣・直感・失言=三者関係から見る湖北省長の失言(10/03/28)
  • 澱粉工場で爆発事故 死者19人=河北省秦皇島市(10/02/27)
  • 河北省で自爆事件、十数人が負傷(10/02/04)
  • ごみ焼却発電所で爆発事故=広州市(10/01/10)
  • 石油化学工場で爆発事故=甘粛省蘭州市(10/01/09)
  • 熱電併給所でまた爆発事故=遼寧省(10/01/04)
  • 「2010アジア競技大会」の反テロ演習、農民工を仮想の敵に=広州市(10/01/03)
  • 火薬積載トラック、高速道路で爆発 4人死亡=湖北省(09/12/08)
  • 不当解雇を訴え、元警察官らが集団抗議=中国湖北省(09/11/25)
  • <続報>黒龍江省の炭鉱ガス爆発事故、死者104人に(09/11/23)
  • 黒竜江省の炭鉱でガス爆発、42人死亡(09/11/22)
  • 中国、年間20か所の湖が消失=世界湖沼会議(09/11/06)
  • インドネシア上空で爆発した小惑星、 広島原爆の三個分に相当(09/11/02)