印刷版   

12日、「核安全保障サミット」前の米中二国間会議(Ron Sachs-Pool/Getty Images)

米中二国間会談、人民元・イラン制裁に言及 胡主席:「為替レート改革は自らの需要」

 【大紀元日本4月14日】12日、オバマ大統領は、核安全保障サミットのために米国入りした胡錦涛中国国家主席と会談した。1時間半に及ぶ会談では、人民元問題、イラン制裁問題などについて話し合いが行われた。

 これまで、米国の台湾への武器輸出、オバマ大統領のダライラマ14世との面会、貿易摩擦、グーグル事件など一連の問題が相次ぎ、米中関に緊張が走っていたため、今回の会談が実現するかどうか、懸念されていた。

 人民元問題

 会談では、中国側がまず、イランに対する制裁問題について取り上げ、その後、人民元の切り上げについては、すでに準備していると述べた。

 中国メディアの報道によると、胡錦濤主席は、「中国は人民元の為替レート政策の改革の推進に堅い意志があるが、それは中国自身の経済と社会発展の需要に基づくためである」と表明した。更に、オバマ大統領に、「人民元の切り上げは米中間貿易の不均衡を解決できず、米国の就業問題も解決できない」と話したという。

 胡主席はまた、中国は米国への貿易黒字を追求する考えがなく、米国からの輸入を拡大することを考えていると示したという。

 米誌「ビジネスウィーク」によると、 ジェフ・ベイダー(Jeff Bader) 国家安全保障会議(NSC)アジア上級部長は、会談後の記者会見で、人民元問題について話し合いが行われたことに言及したが、詳細には触れなかった。

 現在、米議会は、人民元の切り上げを中国にはたらきかけるよう、オバマ首相にプレッシャーをかけている。中国が人民元の為替レートを抑えていることで、安価な中国製品が米市場に流入し、米国の輸出業界が痛手を被っていると米議員は確信している。ここ2年間、人民元の対ドルレートは、ほとんど変化していない。

 中国外交部の馬朝旭(マー・ジャオシュイ)広報担当官は、別の記者会見で、安定した貿易関係は両国にとって重要とし、オバマ=胡錦涛会談は建設的なものであり、「同等の立場」での話し合いが貿易摩擦を解消すると語った。

 イラン制裁

 ジェフ・ベイダーアジア上級部長は「両国首脳はイラン制裁において両国代表がともに仕事を進めるべきであると合意した」と報告。オバマ大統領は、イランの核開発問題に「緊急に」取り組む必要性を明確に示した。これを受けて胡錦涛主席は、制裁については米国とともに「イランの核開発プログラムに対する懸念を共有することを、中国側は明確に示した」とベイダー氏は伝えた(米紙「ニューヨーク・タイムズ」の報道)。

 オバマ大統領は、イランが「国際的核不拡散の責務を遵守すべき」ことを主張。両首脳は、自国の代表者が他の国連安全保障理事会と協力して制裁を進めるよう指示すると語った。

 「この決議により、核開発計画を進めることの代償がイランにとって明確になるだろう。国際社会がイランに関して一つにまとまったことを意味する。中国は積極的に会談に臨んでいる」と「ビジネス・ウィーク」はベイダー氏の言葉を報道している。

 ベイダー氏は、核不拡散と経済回復についての話し合いは、建設的で前向きだった。これらの問題の対処に必要な措置に合意した、と語っている。

 二日間のサミットには47カ国近くの各国首脳が集う。

(翻訳編集・鶴田)


 (10/04/14 06:03)  





■キーワード
米中二国間会談  人民元  イラン制裁  核安全保障サミット  


■関連文章
  • 人民元緊張緩和 米、中国の顔を立てるか(10/04/10)
  • 中国不動産バブル、2011年に崩壊?日本を基準の予測、中国で大反響(10/04/09)
  • 人民元切り上げ、内外から二重のプレッシャー(10/04/08)
  • 人民元切り上げ  中国国内で不協和音(10/03/31)
  • 中国、4月15日までに人民元切り上げに踏み切るか(10/03/24)
  • 世界二大バブル:米国国債と中国不動産(10/03/22)
  • 温首相、人民元切り上げ圧力に強く反発 米130議員、財務長官に即行動を要請(10/03/16)
  • 2010年、中国経済に潜む政治的リスク(10/03/15)
  • 中国の米国債保有急減 業界:「実際は減っていない」(10/02/23)
  • 中国人民銀行、来年人民元政策を見直しか(09/11/20)
  • ノーベル経済学賞受賞者:中国の人民元政策、世界経済の脅威に(09/10/31)
  • 年間140億円分押収 中国、偽札問題深刻(09/10/25)
  • 前FRB議長:世界同時不況の原因は中国などの新興国にある(09/03/21)
  • 人民元安、長期化か(09/01/16)
  • 中国・中央経済工作会議、人民元切り下げか(08/12/09)