THE EPOCH TIMES

流行語で読み取る激変の中国(33)

2010年04月28日 05時00分
 【大紀元日本4月28日】中国では、「組織」と言われれば、個人としては対抗や交渉は一切許されず、無条件にその命令にしたがうしかない。ところで、その組織とは一体どんなものであろうか。今回の流行語は容赦なくそれを斬って、その一断面を示している。

 文中の「組織部長」は幹部の考察、評価、抜擢、免職など人事権を握るもの、「紀委書記」は「紀律検察委員会書記」の略で、党紀違反などを追及したり処分したりするもの、「宣伝部長」は広報部長のことで、「市委書記」は「中国共産党○○市委員会書記」の略で、最高で最大の権力を握る市のトップである。

  原語:《組織就是》

 (一)

 在你遇到難事時対你説:我們無能為力!

 在你遇到用人不公時対你説:你要正確対待!

 在你合法権益受侵時対你説:你要顧全大局!

 在你受到誣陥時対你説:你要相信組織!

 (二)

 組織部長:誰関心我,我就関心誰。

 紀委書記:誰不関心我,我就関心誰。

 宣伝部長:誰関心我,我就関心他的正面;

 誰不関心我,我就関心他的反面。

 市委書記:誰関心我,我就譲組織部長関心他;

 誰不関心我,我就譲紀委書記関心他。

  日本語訳:「組織とは」

 (一)

 困難に遭った時に、「われわれは仕方がない」と言い、

 不公平な人事異動に遭った時に、「君は覚悟して善処せよ」と言い、

 権益が侵害された時に、「君は全体を考慮すべきだ」と言い、

 誣告された時に、「君は組織を信じなさい」と言うのである。

 (二)

 組織部長:誰かが俺に気にかければ、俺はあの人に気にかけてやる。

 紀委書記:誰かが俺に気にかけなければ、俺はあの人に気にかけてやる。

 宣伝部長:誰かが俺に気にかければ、俺はあの人のプラス面に気にかけてやり、

 誰かが俺に気にかけなければ、俺はあの人のマイナス面に気にかけてやる。

 市委書記:誰かが俺に気にかければ、俺は組織部長にあの人に気にかけさせ、

 誰かが俺に気にかけなければ、俺は紀委書記にあの人に気にかけさせる。

関連キーワード
^