THE EPOCH TIMES

岡本真夜さん、万博ソングを使用許可 中国メディア報道せず

2010年04月21日 06時05分
 【大紀元日本4月21日】5月1日に開幕する上海万博の公式PRソングが、17年前にヒットした岡本真夜さん作曲の「そのままの君でいて」と酷似している問題で、岡本さんの所属事務所は19日、上海万博事務局から使用申請があり、承諾したと伝えた。一方、同問題について中国のマスコミはほとんど報道しておらず、掲示板への書き込みも相次ぎ削除されている。

 中国のネット上では、「恥を知れ」など作曲家に対する痛烈な批判のコメントが相次いだ今回の盗作疑惑。世論の厳しい批判に押され、RPソングの使用中止を発表していた上海万博事務局にとって、岡本さんの使用許可が取れたことは何よりの救いだった。一方、中国メディアは、同問題に対する報道を控えている。

 「なぜ中国のマスコミはこれを報じないのか」とあるネット・ユーザーは書き込んだ。この話題を掲載した掲示板はほとんどないが、限られた書き込みの中には、「度胸ある岡本さんに感謝」、「日本は今回、中国の面子を十分に立ててくれた」など日本に対する好意的なコメントもあった。しかし、同掲示板は数時間後、アクセス不能となっている。

 万博の開幕を目前に控え、盗作疑惑にからむ国民の批判をねじ伏せようとする当局の意図が伺える。

(高遠)


関連キーワード

関連特集

^