THE EPOCH TIMES

【フォトニュース】読めるかな?ペン先ほどの本 極小の彫刻の世界=台湾アート

2010年05月19日 06時42分
 【大紀元日本5月19日】ペンの先と大きさを比較される、仏小説「星の王子様」や台湾民話の絵本がモチーフとなった極小の彫刻。台湾に住むForng-shean Chenさんが作成したもので、重さはわずか1グラム以下、表紙の動物は針の先端よりも小さい。

 Forng-shean Chenさんは30年間前から、大きさが数ミリほどの極小の彫刻や作品を趣味で作っている。今年の初めには寅年をお祝いし、樹脂を3ヶ月彫って高さ1ミリのトラを作成した。

(佐渡)


関連キーワード
^