THE EPOCH TIMES

シャングリラで森林火災発生、続く消火活動=雲南省

2010年05月22日 06時39分
 【大紀元日本5月22日】雲南省シャングリラ県で16日午後4時30分頃、森林火災が発生。火勢は抑えられたものの、依然として消火活動が続いている。

 火災が発生したのは雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ県にある地勢の厳しい森林で、消火作業は困難を極めている。18日の時点で、火災面積は400畝(1畝=6・667アール)を超えた。

 消火活動に参加していた村民の伍さんによると、火災現場は山の北面で村から非常に離れており、村民らが川から水を運んで消火しているという。

 火災現場は標高約4500メートルで斜面の傾斜は70度~80度。燃えた木が下へ落ちていくほど山の斜面は険しく、消火用の水を運ぶのが困難な状況。火災現場の周囲の木を切り倒して隔離帯を作り、火災の蔓延を食い止めるしかない。

 消火班は500人前後で、そのうちの400人近くは村民。村民の王さんは、完全に消火するまでに1週間ほどかかるだろうと話している。

 調査によると、今回の火災はタバコの投げ捨てが原因だったと見られている。

(翻訳編集・坂本)


関連キーワード
^