THE EPOCH TIMES

中国で最後の銃士部落=岜沙(ばしゃ)

2010年06月05日 08時59分


 岜沙人は今も農耕と狩猟が主要な生活様式で、衣服もすべて自分で織った物である。女性の服装は質朴で、黒色を主とし、大部分が黒い前ボタン式の上着とアコーディオンプリーツ・ミニスカートを身に着け、ゲートルを巻く。彼らの襟ぐり、袖口、ゲートルなどはすべて刺繍されており、胸元には数本の銀のアクセサリーを掛ける。

岜沙女性の下着

 

銃士部落の女性

 

雨の中を走っている岜沙の男の子たち

 

銃士部落の女の子たち

 

 木の神を礼拝

木の神を礼拝している岜沙人

 岜沙人は昔から木を崇拝し、最も盛大な祭祀の儀式が木の神の礼拝である。岜沙人は「木にはすべて霊魂があって、古い木は神性が強い」と思っている。そのため、各村の風水の木が岜沙人の崇める対象となり、山の頂の木が岜沙の神木と見なされている。

 成人儀式 

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^