THE EPOCH TIMES

【フォトニュース】賜杯なき表彰式に涙の白鵬=大相撲名古屋場所

2010年07月26日 06時18分
 【大紀元日本7月26日】わずか5分ほどで終了した表彰式。白鵬は取組後のインタビューで「この国の横綱として、力士の代表として、賜杯だけはいただきたかった」と涙をにじませた。3場所連続15度目の優勝、連勝記録を46に伸ばすなど白鵬の輝かしい栄光とは裏腹に、賜杯のない表彰式、前年比9千人減の観客数、加えて入場料収入の1億7千~8千万円減と、どこか寂しさが漂う場所となってしまった。

 愛知県体育館で行われた大相撲名古屋場所千秋楽で25日、上手投げで大関把瑠都を下した白鳳が3場所連続15度目の優勝を決めた。一場所15日制が始まった1949年夏場所以降では初となる3場所連続全勝優勝。

 野球賭博問題などで不祥事の続いた日本大相撲協会は今場所の天皇賜杯を自粛、表彰式では優勝旗を渡すにとどめた。白鵬は「こういう場所は2度とないと思う。プラスに考えて改めて頑張る」と話した。

(AFP PHOTO / JIJI PRESS )

(AFP PHOTO / JIJI PRESS )

(佐渡)


関連キーワード
^