THE EPOCH TIMES

【漢方の世界】カルテ(六)―運命にないものは得られない

2010年07月13日 15時10分
 【大紀元日本7月13日】本日のカルテの主人公は、めまいに悩む1人の女性。この女性には大金持ちの親友がいたが、その親友の妻が突如他界する。親友の豪華な別荘に心を奪われた彼女は、その後釜を狙う決意をした。そして望み通りに親友の夫人の座を得たが、それ以来ひどいめまいに悩まされることになる。彼女は何とかこの苦しみから逃れようと診療所を訪れ、漢方医に救いを求めたのだが、漢方医の出した処方は意外なものだった。

 胡先生は、この女性のケースを2つの角度から切る。まずは、めまいという症状。実は鍼灸にとって、このめまいはお手の物なのだ。耳の周りには有効なツボが集中している。例えば、角孫(かくそん)、風池(ふうち)など。

 もう一つ着目したのは、「場」である。つまり、周囲の環境(汚染や電磁場、磁場など)が彼女に合わなかったために、めまいを招いたのだ。実際、これには深い意味がある。自分に合わない環境、つまり自分のいるべき場所ではないと暗示しているのだ。

 彼女は、漢方医と語らう中で徐々にこの点に気づく。そして、最後にこう漏らした。「定めにないものを無理に求めたから、こんなことになったのでは?」

 実は、自分の運命にあるものは自然に得られ、運命にないものはどんなことをしても得られない。中国語では「是你的丟不了 不是你的争也争不來」と言う。

 人の真の幸せとは何か、人は一体どう生きるべきなのか。改めて考えさせられる深いテーマだ。番組をお見逃しなく。

 詳しくは新唐人テレビ局の『漢方の世界』でご覧下さい。

(翻訳・河合)


関連キーワード
^