THE EPOCH TIMES

<今日は何の日?>8月27日 「クラカタウの大噴火」 インドネシアの火山島

2010年08月27日 07時00分
 【大紀元日本8月27日】インドネシア・スマトラ島最南端にあるクラカタウ(Krakatau)諸島で1883年8月27日9時58分(現地時間)、広島の原爆2000個分といわれる規模の大噴火が起った。同諸島にあった3つの火山が一度に噴火し、そのうちの一つであるクラカタウ火山は完全に消え、7割の島が消滅した。

 噴火の音は周辺の東南アジア諸国に轟き、火砕流は海上40キロメートルまで届いた。噴出した灰や石は上空80キロまで上って空を覆い、周辺地区では日中でも太陽が見えず、暗い日が続いた。

 噴火の影響で発生した大津波は北スマトラ島で40メートル高と観測された。アメリカ大陸のアラスカや南アフリカでも津波が確認され、約3万6千人もの犠牲者が出た。成層圏にまで達した噴煙の影響で、北半球全体の平均気温が0.5~0.8℃下がり、異常気象を世界に引き起こした。爆発の10年後、ノルウェーの画家エドヴァルド・ムンクは「炎の舌と血とが青黒いフィヨルドと町並みに被さる」ような、異様な空模様を見たと日記に残しており、代表作「叫び」を描いた。この夕焼けは、クラカタウの噴火による異常気象がもたらしたものだと言われている。

 (佐渡)


関連キーワード
^