THE EPOCH TIMES

FIFAワールドカップの占いタコ、コマーシャルスターに

2010年08月12日 07時00分
 【大紀元日本8月12日】2010FIFAワールドカップで、予想した8試合すべての勝敗を当てた占いタコ・パウル君は引退するかと思いきや、今度は次回のワールドカップ開催に向けて、イメージキャラクターを務めるという。

 独誌デア・シュピーゲルによると、パウル君は英国のデビッド・ベッカム選手と連名で、2018年に行われるワールドカップのイングランド開催権獲得に向けて活動を行う。独西部にあるオーバーハウゼン(Oberhausen)水族館は、パウル君に舞い込んだイメージキャラクターとしての仕事をようやく引き受けたという。

 同水族館によると、パウル君にはベッカム選手とのコマーシャル撮影があるほか、ドイツの書店、スペインのビール会社、日本の自動車メーカーなどから計160件のオファーが殺到している。パウル君のコマーシャルの報酬は、既に1億円を超えた。

(翻訳編集・豊山)


関連キーワード
^