THE EPOCH TIMES

甘粛省を襲った巨大土石流 中国全域1.6万カ所でリスク 専門家「発生は時間の問題」

2010年08月13日 09時59分
 【大紀元日本8月13日】8月8日は、中国人にとって幸運の重なるラッキーナンバーの日であるはずだったが、巨大土石流が突如、甘粛省甘南チベット自治州の舟曲県を襲い、政府公表では1117人以上、民間説では8000人に上る死者数を出した。

 7年前から予告されていた事故

 舟曲県の巨大土石流は、今夏中国全土を襲っている豪雨による被害の一つで、特大の自然災害と見なされているが、この災害の発生は、実際7年前から中国地質科学院の専門家が予測していた。

 70年代から同地では3回にわたって大きな土石流が発生し、約200人の死者を出した。このため、舟曲県は地質災害高発地域に指定され、2002年、甘粛省地質災害事前警報プロジェクトの調査項目の一つとして、中国地質環境観測院の専門家が調査を行った。

 2003年に完成された調査報告は、「落差千メートル以上の巨大な地質災害が発生するリスク地点は140カ所で、1万6千人の命が危険にさらされている。土石流の発生を防ぐために、早急な防衛処置が求められる」という結論を出している。

 報告書では、災害リスクのある場所、規模、安定性、発生リスクの程度などがはっきり明示されている。今回発生した土石流でほぼ全滅した三眼村と羅家峪村も、報告書で高リスク地域としてマークされていた。

 2008年5月、四川省で大地震が発生した際、四川に隣接する舟曲県も被災した。震災の1カ月後、北京から専門家チームが現地入りして地質災害の調査を行った。その結果、60の地滑り箇所と13の地滑り坂を特定し、下方の村の安全を脅かすものとして再警告を出していた。

 大地震では土石流は起きなかったが、今回豪雨により、巨大な形で発生してしまった。

 舟曲の悲劇が最後ではない

 舟曲県と同程度の地質災害高発地域は、中国全域で1.6万カ所に上る。中国大衆紙「南方週末」は、巨大な土石流災害に隠された人為的な要素を取り上げ、中国地質環境観測院の専門家の見解を紹介した。

 それによると、2009年までに確認された地質災害リスク地域は、中国全域で20万カ所に上る。そのうち、巨大で深刻な地質災害が発生するリスク地域は1.6万カ所で、700万人の身の安全と840億元の財産を脅かす可能性がある。

 これらの高リスク地域は、主に中国の南西部と北西部に位置する。

 一方、地質環境測定部署を設け、災害予防メカニズムを設立するよう長年呼び掛けられてきたが、地方の関連部門は深刻な資金不足や技術者の欠如に直面しており、全国の大多数の地域で、地質環境測定部署が設置されていないのが現状だという。

 発生率は前年度の10倍

 国家減災委員会の元チーフエンジニア李京氏は、南方週末の取材に対し、地質災害高発地域は農村部に多いと指摘。これらの地域は都市から離れており、人力・資材とも不足しているため、予報や防衛の措置も乏しく、災難に対応する能力はほとんどないという。

 また、2010年の全国地質災害通報によると、今年上半期で、すでに19552件の地質災害が全国で発生しており、前年度同期の10倍に上る。死者数と経済損失も例年をはるかに上回っているという。

 中国地質環境観測院の地質災害調査室責任者・周平根博士によると、地質災害が頻発する要因として、極端な気候変動のほか、近年盛んに行われているダム建設や、高速道路と鉄道のインフラ整備、不動産開発なども災害を誘発する重要な要因として挙げられるという。

 自然界からの報復は、時間の問題

 周博士は、中国の地質災害高発地域を長年走り回ってきた。今回の土石流災害が発生する前にすでに、「豪雨が続けば、災難は必ず発生する」と予測していた。

 周氏は、甘南地区の生態環境についてこう語った。かつて甘粛省の「桃源郷」と呼ばれた甘南だったが、無計画の森林採伐が50年近くも気が狂ったかのように行われた結果、生態資源はほぼ完全に壊されてしまったという。

 南方週末の記者が入手した2003年に作成された同県の地質災害調査報告では、「森林伐採、植物破壊の行為が繰り返され、未だに続いている。早めに措置をとらなければ、地質災害が頻繁に発生する」と書かれている。また、同報告書は、近年、山を開発した道路作りのプロジェクトが、地質災害発生のリスクをさらに高めたと記した。

 中国地質調査局のチーフエンジニア殷躍氏によると、中国での地質災害は、人為的な活動の要素が50%以上を占めている。

 殷氏が編集した『中国の典型的な地滑り』の中で、甘粛省長靖県の例が挙がっている。1995年に一度巨大な地滑りが発生したが、事前の予報によって死傷者は出なかった。ところが、2006年に地滑りが再び活性化し、153の家屋が破壊され、多くの死傷者が出た。

 「破壊された自然界からの報復は、時間の問題だ」と南方週末報の記事は警告している。

(翻訳編集・趙莫迦Zhao Mojia)


関連キーワード

関連特集

^