THE EPOCH TIMES

【漢方の世界】口臭―根元から治し口臭におさらば

2010年09月28日 07時00分
 【大紀元日本9月28日】人と話していて、ふとこんな不安に駆られることがあるかもしれない。「私の口の臭い、大丈夫だろうか」

 そう、口臭は病気とはいえないが、大きな悩みの種でもある。特に、清潔好きな現代人にとっては気になるもの。ガムを口に含んだり、マウスウォッシュで口をゆすいだりする姿がよく見られる。これらの方法を使えば、一時的に息がさわやかになるが、効果は一時的だ。なぜなら、口臭を起こした本当の原因を取り除いていないからである。

 では、何が原因なのだろうか。それは、実に多岐にわたる。歯周病、虫歯などの口腔内のトラブルはもちろん、睡眠不足、不規則な食生活、胃に熱邪がある場合や、便秘でも口臭を招く恐れがある。つまり、生活のリズムや食生活の乱れが原因である。

 今回は、便秘を解消する方法をご紹介する。『中医秘方大全』には、便秘に対する処方が記載されている。

 材料:じゃがいも 150グラム(約1個)

    人参 150グラム(約1本)

    リンゴ一個

 方法:新鮮な材料を、生のまま絞る。

 ポイント:新鮮なじゃがいもを使い、作り立てを空腹時に飲むこと。

 薬は副作用の心配があるため、身近な食品で作れるところがいい。しかし、これも対症療法に過ぎない。便秘を招く原因を取り除く、これこそが肝心だ。漢方の原則は、「うわべではなく、根本を治す」である。

 詳しくは新唐人テレビ局の『漢方の世界』でご覧下さい。

(翻訳・河合)


関連キーワード
^