THE EPOCH TIMES

幸せな結婚生活を送るための秘訣

2010年09月16日 07時00分
 【大紀元日本9月16日】結婚生活は、どのようにすれば幸せに過ごせるのだろうか?日常生活のささやかな出来事でも、互いの感情が傷つかないよう配慮する心遣いこそが、幸せな結婚生活に辿り着く第一歩であろう。

1、我慢しあう

暮らしの中で、夫婦喧嘩はよくあること。しかし、双方が興奮していると、大喧嘩になってしまうことが多い。喧嘩になった時、一方が怒っている時は、もう片方は冷静になって我慢する方が賢明である。

2、関心をもち、愛すること

「人を愛す者は人に愛され、人を尊敬する者は人に尊敬される」という言葉がある。心の底から湧きあがる相手に対する思いやりは、相手にも伝わる。2人で手を携えて、人生の道を歩もうと思うなら、いつも心を込めて相手のことを第一に考えよう。きっと暖かな喜びの声があなたに返ってくるだろう。

3、相手の為に力を尽くすこと

相手より犠牲を多く払ったと思う時、不公平に感じるかもしれない。しかし、全てを公平にしようと細かいことにこだわると、結婚生活はいわゆるギブ・アンド・テイクでギスギスした関係となる。その結果は明らかで、離婚まで至らなくても、同床異夢となってしまうだろう。

4、相手の話に耳を傾ける

相手の話は、真面目に聞くことが大切。相手の言葉を聞き流しながら、他のことを考えるのは相手の存在を無視していると取られてしまう。相手は、話をいつも真面目に聞いてくれるあなたを信頼し、頼りにするだろう。

5、互いに分かち合い、分担する

相手と楽しみを分かち合い、相手の苦痛も分担する。相手の趣味、ユーモア、夢、理想を分かち合い、相手の苦しみや悲しみなども分かち合う。結婚という責任、負担、義務を互いに引き受けなければならない。

6、相手を怒らせる言葉を言わないこと

喧嘩の回数が増えるほど、互いの感情は疎遠となる。喧嘩の時、離婚や意見の相違などを言い出してしまうと、相手の自尊心を傷つけてしまう。結婚生活で一番重要なのは、自分より相手を中心に生活しようとする姿勢。お互いに尊敬しあうことを基本とし、相手のために尽くすことによって、結婚生活のほとんどは成功したと言えるだろう。

(翻訳編集・盛徳)

関連キーワード
^