THE EPOCH TIMES

世界初の試み すべてのアート作品は食用=英国

2010年09月26日 07時00分
 【大紀元日本9月26日】視覚的な美しさだけでなく、すべての作品が食べられるという世界初の試み「ケーキのアート作品展」が、先月27日から29日まで、ロンドン・レスター広場(Leicester Square)近くのフューチャー・ギャラリー(Future Gallery)で開催された。

 「ケーキ・ブリテン」(Cake Britain)と題された今回のアート展では、イギリスで最もクリエイティブなアーティストやパティシエ10名の作品が展示された。

 ケーキを出品したパティシエのバニリさん(Lily Vanilli)は、「1年ほど前から構想を練り始めた。参加したアーティストとパティシエに要求されたのは、ただ見た目だけの美しさや可愛さではなく、人々に喜んでもらえる美味しいケーキを作ること」と語る。

 作品の新鮮さとおいしさを保持するために、参加したアーティストとパティシエたちは、開催前の2週間を仕上げの準備段階とし、全力を尽くした。「展示したすべての作品はオークションに出され、売上金は慈善団体に寄付する」とバニリさん。

 展示会を訪れたロンドン在住のタイト(Nada Tite)さんは、「これは通常の展示会ではないと思った。今まで、このような展示会は見たことがない。とってもアイディアにあふれ、しかも作品を食べることもできる」と語った。

 29日の展示会最終日、すべての作品は切り分けられ、見物に訪れた人々にふるまわれた。
鹿の頭部の作品(中央社)


船に乗り前進する船長(中央社)


ポップなハンバーガー(中央社)


「ケーキの目」(Eyez of cake)(中央社)


ハリウッドのスター、ブラッド・ピット(Brad Pitt)とアンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie)をテーマとしたウェディング・ケーキ(中央社)


映画『アバター』からインスピレーションを得て創作された「おいしいガーデン」(中央社)



 (翻訳編集・李YS)
関連キーワード
^