THE EPOCH TIMES

パソコン族に必要な目の保養法

2010年10月03日 07時00分
 【大紀元日本10月3日】現代人にとって、もはやパソコンとテレビは欠かせないもの。しかし、目は過度の疲労で老化現象が進みやすくなっている。眼筋に疲労が蓄積すると目の周りにクマができ、美容にも影響がある。更に、眼精疲労で目の周りの循環が悪くなると、目が充血し、眼圧が高くなることもある。このような人には、次に挙げる目の保養法がおすすめだ。

1.目が疲れて、痒みや違和感が現れた時は、くり返し手で目をこすらないこと。くり返しこすると、目の周りに小皺が出やすくなる。

2.タオルをレンジ、あるいは湯の中に入れて温め、熱いタオルで両目を10分ほど覆うと目の循環を促進する。目の疲労改善に効果的だ。

3.長時間目を使って疲労を感じたら、目を閉じて軽くこめかみの辺りのツボ(太陽穴)と眼窩(がんか)の周りのツボをマッサージし、リラックスさせる。

4.女性の場合、メークを落とす時は目に刺激を与えない天然成分の専用メーク落としを選ぶ。目の周りのクマが形成されにくくなる。

(翻訳編集・加藤真由美)

関連キーワード
^