THE EPOCH TIMES

米、無人機攻撃 パキスタン過激派8人死亡

2010年10月07日 11時23分
 【大紀元日本10月7日】10月4日、パキスタン北西部で、米軍による無人機攻撃で、過激派のメンバー8人が死亡した。パキスタンの高官によると、死者の中にはドイツ国籍の者もいたと思われる。米国は、ここ1ヶ月にわたり26回の無人機攻撃を行っている。

 パキスタン諜報部は、犠牲者はパキスタンのイスラム過激派組織であるジハード・イスラミのメンバーと見解している。攻撃および負傷者に関する独立した検証は、現時点ではない。

 AP通信によると、 少なくとも70人のドイツ国籍者がアフガニスタンとパキスタンの過激派から訓練を受けた証拠があると 独政府は発表している。このうち3分の1がドイツに帰国しているもよう。

 米国、英国、日本、スウェーデンの各国は、ヨーロッパで報復のテロ攻撃の可能性があると、旅行者に注意を促している。

(記者・ Jasper Fakkert /翻訳・鶴田)


関連キーワード
^