THE EPOCH TIMES

流行語で読み取る激変の中国(55)

2010年10月13日 07時00分
 【大紀元日本10月13日】特権階級と言われる中国の公務員。しかし、それにいい気になっていると、ライバルに足をすくわれたり、上司に叩かれたりすることもある。たいした官職を持たない公務員たちは、なるべく地味にしている方が無難なのだ。

 KY(空気が読めない人)がヒンシュクを買うのは、日本も中国も同じ。職場でわがままに振る舞い、やりすぎする者は、時代の新しい大儍 (ダーシャー:愚か者)と笑われる。今回の「公務員たちの流行語」は、こういったダーシャーたちを取り上げてみた。

12種新大儍              12種類の新しい愚か者

(1)黙黙奉献等提抜的。      (1)黙黙と奉仕して抜擢を待つ者。
(2)没有関係想高爬的。      (2)人脈なしで昇進を望んでいる者。
(3)身体有病不去査的。      (3)病気でも検査に行かない者。
(4)経常加班不覚乏的。      (4)毎日残業しても疲れない者。
(5)什麼破事都管轄的。      (5)どんなややこしい事でも管轄する者。
(6)能退不退還掙扎的。      (6)引退できるのに無理に踏ん張る者。
(7)当衆対頭特肉麻的。      (7)同僚の前で上司に媚びへつらいすぎる者。
(8)感情靠酒来表達的。      (8)感情を酒に頼って表す者。
(9)不論誰送都敢拿的。      (9)誰からの贈賄でも受け取れる者。
(10)包了二奶還要娃的。      (10)愛人を作ったうえに子供も欲しがる者。
(11)高級名表腕上●(扌+夸)的。 (11)高級腕時計を腕にする者。
(12)撮像機前抽中華的。※     (12)カメラの前で中華煙草を吸う者。


注:中華とは、中華煙草の略。中国の最高級煙草の一つで、身分、権力、
裕福のシンボルとされる。
関連キーワード
^