THE EPOCH TIMES

【フォトニュース】はやぶさから約1500個の地球外物質 小惑星イトカワ由来=JAXA

2010年11月16日 15時54分
 【大紀元日本11月16日】はやぶさ搭載の帰還カプセルにより持ち帰られた微粒子は、分析の結果、1500個程度の地球外物質であり、小惑星イトカワに由来する、と宇宙航空研究開発機構(JAXA)が16日、公式ホームページで発表した。

 JAXAによると、採集された「かんらん石」「輝石」などの微粒子のほとんどは10ミクロン以下の極微粒子であるという。JAXAは今後の詳細な分析のために必要な取扱技術と関連装置の準備を進めている。

 JAXA理事長の立川敬二氏は同日、微粒子発見に関わった研究者にお礼を述べるとともに、「太陽系の起源と進化の解明に貢献できることを期待しています」との談話を発表した。

 
(佐渡道世)


関連キーワード
^