THE EPOCH TIMES

<今日は何の日?>11月12日 洋服記念日

2010年11月12日 13時13分
 【大紀元日本11月12日】1872(明治5)年、「礼服ニハ洋服ヲ採用ス」という太政官布告が出された日である。これは、公家・武家、いわゆる裃(かみしも)や束帯(そくたい)などの和式の礼服を廃止し、洋服の使用を促進するというものであった。この日を記念して、1929(昭和4)年に東京都洋服商工協同組合が、1972(昭和47)年に全日本洋服協同組合連合会が、この日を「洋服記念日」と定めた。

 兵庫県神戸市にある東遊園地には、洋服の身頃と袖の型紙をモチーフにした、「日本近代洋服発祥の地」の石碑が建てされている。1868年、神戸では開港すると同時に外国人居留地が設定され、居留してきた外国人により洋服文化がもたらされた。1883(明治16)年には、元町に日本初の注文服店「柴田音吉洋服店」が開業され、伊藤博文や昭和天皇も洋服を仕立てたといわれている。中でも、オーダーメイドで仕立て上げられる紳士服のデザイン技術は、日本でもトップレベルであり、「神戸洋服」と言われる固有名詞が生まれるまでになった。

(古田)


関連キーワード
^