THE EPOCH TIMES

大震災経験者からの実践的なアドバイス

2011年03月20日 07時00分
 【大紀元日本3月20日】マグニチュード9.0を記録した東日本大地震から一週間が経過したが、震源地周辺や関東、静岡などで今も余震が続いている。95年に起きた阪神・淡路大震災の経験者がネットに寄せた震災時のアドバイスを、ここに紹介しよう。

 地震が起こったら

 自分の安全を確保した後、下記のことを実践しよう。

 必ず窓を開ける

 家にいる人は、お風呂に水をためる

 電気が通じる人は、ご飯を炊く

 X字の亀裂が入っている所はすぐに崩壊するから注意する

 靴のヒールは折る

 火傷したら広がりやすいため、ストッキングはできるだけ脱ぐ

 生理用ナプキンはいい止血帯になる

 平常時にも用意しておくもの

 携帯と充電器、ラジオ、ペットボトルの水は必須

 食料備蓄は最低3日間の自立を考慮する

 トイレは基本的にないからビニール袋を用意する

 この他にあった方がいいもの―お金、ペンライト、お菓子、応急セット、ハンカチ、ティシュなど。普段コンタクトレンズをしている人は、メガネを常に携帯するとよい。

 安否確認はダイアル171

 「171+1+自分の電話番号」で自分の伝言が残せる。伝言を聞きたい時は、「171+2+安否を確認したい相手の電話番号」をダイアルする。

 できるだけ安否確認だけにして、話はしない。救急ダイアルが混乱する可能性がある。

 ケースバイケースの身の守り方

 屋内の場合

 ●家の中

 ・火の始末はすみやかに

 ・テーブルの下にもぐる(無理なら座ぶとんなどで頭を守る)

 ・ガラス片が危険なため、素足で歩かない

 ●デパート・スーパー

 ・バッグなどで頭を保護

 ・ショーウインドウや売り場から離れ、壁際に。

 ・係員の指示に従う

 ●ビル・オフィス

 ・机や作業台の下にもぐる

 ・ロッカーなど大型備品の転倒、OA機器の落下に注意

 ●集合住宅

 ・ドアや窓を開けて、避難口を確保

 ・エレベーターは絶対使用しない。避難は階段で

 屋外の場合

 ●路上

 ・かばんなどで頭を保護し、空き地や公園などに避難

 ・ガラスや看板などの落下に注意

 ・建物、ブロック塀、自動販売機などには近寄らない

 ●路上運転中

 ・ハンドルをしっかり握り徐々にスピードを落す

 ・道路の左側に車を寄せ、エンジンを切る

 ・避難するときは、キーをつけたままに

 ・車検証や貴重品は携帯する

(鶴田)
関連キーワード
^