THE EPOCH TIMES

三陸沖でM8.8 都内でも震度5強 交通網ほぼ麻痺

2011年03月11日 20時34分
 【大紀元日本3月11日】11日14時46分ごろ、東北から関東の広い範囲にかけて非常に強い地震が発生した。気象庁によるとマグニチュードは8.8で、震源は三陸沖。千葉県では石油製油所が火災になり、都内でもお年寄りのショック死などが報告されている。

 地下鉄を含む主要交通機関は19時、首都圏JR全線は終日運転見合わせを発表。地下鉄メトロも運行を見合わせている。

 政府は夜、緊急会見を開き、徒歩での帰宅で二次的な被害を受ける可能性があるため、職場等安全な場所で待機するよう呼びかけている。また気象庁は今回の地震を「東北地方・太平洋沖地震」と名付け、「観測史上、国内最大」と位置づけた。

 地震が起きた直後、東京中央区では揺れに驚いたサラリーマンらが建物から次々と屋外に出て、立て続けにおきる余震に怯えた。道路上は動揺を隠せない人々で満ちていった。

 中央区の秋葉原駅では18時半ごろ、電車を待つ人で溢れており、地面に座り込んだり駅に大型画面の液晶TVで地震災害情報を確認していた。お年寄りの人も「初めての経験、びっくりした」と述べた。

 首都圏内は交通網がほぼ完全麻痺状態にあるため、自転車が飛ぶように売れている。都内にはビルの壁タイルが落下した箇所が何箇所があり、ヘルメットを装着したまま帰宅を試みる人々も少なくない。

都内中央区にあるオフィス。書類やファイル、雑誌などがキャビネットから投げ出された(大紀元)

西川口駅前のパチンコ店。歩道が一部陥没している(大紀元)

都内中央区にあるオフィス。書類やファイル、雑誌などがキャビネットから投げ出された(大紀元)

西川口駅前の店舗の壁が崩れ落ちた(大紀元)

(佐渡 道世)
関連キーワード

関連特集

^